ブロムシュテットに旭日中綬章

 4月29日、平成30年度の春の叙勲が発令され、外国人叙勲としてNHK交響楽団桂冠名誉指揮者のヘルベルト・ブロムシュテット(90)が旭日中綬章を受章した。我が国の音楽文化の向上及び発展に寄与したことが評価された。

 ブロムシュテットは、1973年ドレスデン国立歌劇場管弦楽団の客演指揮者として初来日。N響との初共演は1981年11月、チャイコフスキー《交響曲第6番「悲愴」》などを指揮、1986年から名誉指揮者、2016年からは桂冠名誉指揮者を務め、ドイツ・オーストリアの古典派やロマン派から近現代の珠玉の作品に至るまで、幅広いレパートリーで、これまで23回の共演を重ねている。
 今後は、2018年10月の定期公演(6公演)が予定されている。

(C)Martin U.K. Lengemann

第1894回 定期公演 Aプログラム
2018年10月13日(土) 18:00NHKホール
2018年10月14日(日) 15:00NHKホール
モーツァルト/交響曲 第38番 ニ長調 K.504「プラハ」
ブルックナー/交響曲 第9番 ニ短調

第1895回 定期公演 Cプログラム
2018年10月19日(金)19:00NHKホール
2018年10月20日(土) 15:00NHKホール
ハイドン/交響曲 第104番 ニ長調 Hob.I-104「ロンドン」
マーラー/交響曲 第1番 ニ長調「巨人」

第1896回 定期公演 Bプログラム
2018年10月24日(水) 19:00サントリーホール
2018年10月25日(木) 19:00サントリーホール
ベートーヴェン/交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」
ステンハンマル/交響曲 第2番 ト短調 作品34

定期会員券:2018年7月22日(日)
1回券:2018年7月29日(日)
NHK交響楽団 http://www.nhkso.or.jp/

 平成30年春の外国人叙勲は、旭日章及び瑞宝章を合わせて140名を発表。日本・英国間の文化交流及び相互理解の促進並びに英国における対日理解の促進に寄与したとして、小説家で平成29年度ノーベル賞(文学賞)受賞のカズオ・イシグロ(63歳)に旭日重光章が、我が国の音楽分野の発展並びに音楽・映画を通じた日本・フランス間の交流強化及び友好親善に寄与したとして歌手・作詞・作曲家・俳優のシャルル・アズナヴール(93歳)に、また、日本・フランス間の相互理解及び文化交流の促進に寄与したとして歌手・女優のジェーン・マロリー・バーキン((通称)ジェーン・バーキン)(71歳)にそれぞれ旭日小綬章が贈られた。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]