東京・春・音楽祭—東京のオペラの森2018— 副島理沙 オーボエ・リサイタル 〜第11回 国際オーボエコンクール・軽井沢 奨励賞受賞記念

オーボエの新しき名手がみせる煌めく才能

 2015年の「第11回 国際オーボエコンクール・軽井沢」で奨励賞を獲得した副島理沙が、東京・春・音楽祭で、その奨励賞受賞記念としてリサイタルをひらく。神戸に生まれ、モンベリアール音楽院、シュトゥットガルト音楽舞台芸術大学、リューベック音楽大学、ローザンヌ高等音楽院などで学び、現在、チューリヒ歌劇場にオーケストラ・アカデミー生として在籍。そんな彼女だけに今回のリサイタルも、フランス、ドイツ、オーストリア、ポーランド、ハンガリーなど様々な国の作品が並ぶ。また時代もバロックから20世紀作品まで多彩である。
 フランス・バロックのクープランの「王宮のコンセール」で華やかに始まり、シューマンの「3つのロマンス」とプーランクのオーボエ・ソナタというドイツとフランスでの最も重要なオーボエのレパートリーが披露される。プログラム中間で演奏されるクルークハルトは、19世紀後半のドイツの作曲家。「葦の歌」はロマンティックな作品である。モーツァルトのオーボエ四重奏曲を経て、20世紀ポーランドのルトスワフスキの「墓碑銘」、ハンガリー出身の大指揮者でオーボエ奏者でもあったアンタル・ドラティの「協奏的二重奏曲」が取り上げられる。オーボエ奏者としての実力を示すにふさわしい曲ばかりだ。
 また、チェンバロの大塚直哉、ピアノの江口雅子、ヴァイオリンの三上亮、ヴィオラの鈴木康浩、チェロの金子鈴太郎ら実力者揃いの共演者が頼もしい。海外在住の新たな才能を聴く、絶好のチャンスである。
文:山田治生
(ぶらあぼ2018年4月号より)

2018.4/1(日)15:00
上野学園 石橋メモリアルホール
問:東京・春・音楽祭チケットサービス03-6379-5899 
http://www.tokyo-harusai.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]