METライブビューイング 2017-18シーズン 後半の見どころ&聴きどころ

大作《セミラーミデ》やMET初演《サンドリヨン》など話題作が目白押し


 メトロポリタンオペラの最新公演を、映画館の大画面で満喫できる「METライブビューイング」。《ノルマ》《魔笛》《トスカ》などヒット作が続出している今シーズン、後半も話題作が目白押しだ。
 シーズン6作目になる《ラ・ボエーム》は、美しくも繊細なF.ゼフィレッリの演出で、METで半世紀愛されている人気プロダクション。クリスマスで賑わうパリのカルチェ・ラタンが再現される第2幕は圧巻だ。《トスカ》の主役で絶賛を浴びたS.ヨンチェヴァら、絶好調の若手が集うキャスティングも楽しみ。
 METでも25年ぶりの上演となる第7作《セミラーミデ》は、今年没後150年を迎えるロッシーニの大作オペラ。アッシリアの女王セミラーミデの壮絶な愛と葛藤を、超絶技巧を駆使した華麗な音楽で描く。ベルカントの若手女王A.ミード、驚異の高音で魅せるJ.カマレナ、バスのトップスターI.アブドラザコフなど、第一線のキャストが揃うのはさすがMET。J.コプリーが演出する壮大華麗な古代絵巻ともども、陶酔を約束してくれるだろう。
 第8作《コジ・ファン・トウッテ》(新演出)は、男女の間に“永遠の愛”は可能かという究極の問いを美しい音楽に包んで差し出す、モーツァルトの野心作。設定を1950年代の行楽地コニーアイランドに置き換えたというP.マクダーモットの演出は、作品のメッセージをおしゃれに軽やかに伝えてくれるはず。S.マルフィ、B.ブリスら期待の新星が演じる恋人たちと、ベテランのC.モルトマン演じる老哲学者の対決は見もの。ブロードウェイの大スターで、2014-15シーズン《メリー・ウィドウ》のヴァランシェンヌ役が大好評だったK.オハラが、ドラマを回すキーロールの小間使いデスピーナを演じるのも話題だ。
 第9作《ルイザ・ミラー》は、「オペラ王」ヴェルディの知られざる名作。身分違いの恋に立ちはだかる邪な愛や政治的な陰謀を、切なくもドラマティックな音楽で描き切る。テノールの名アリア〈穏やかな夜〉は必聴。伝説の名歌手P.ドミンゴから、今のオペラ界を代表するテノールP.ベチャワ、若手スターの筆頭S.ヨンチェヴァやD.ベロセルスキーと、キャストの充実度はシーズンでも指折りだ。チロルの村や貴族の邸宅を重厚に再現するE.モシンスキーの演出ともども、深い感動を与えてくれるに違いない。
 シーズンを締めくくる《サンドリヨン》(新演出)は、フランスの大作曲家マスネの手になる“シンデレラ”物語。シーズン第1作《ノルマ》でも圧倒的な実力を見せつけた大スターJ.ディドナートが情熱を傾ける名作で、なんと今回がMET初演(ちなみに「METライブビューイング」今シーズンのチラシの表紙写真は本作)。きらめく宝石の花束のような音楽を、マスネと同じフランス人L.ペリーの演出が、粋にセンス良く引き立てる。シンデレラの幸せをお裾分けしてもらった気分になれる、極上のプロダクションである。
取材・文:加藤浩子
(ぶらあぼ2018年4月号より)

METライブビューイング2017-18シーズン
※上映劇場などの詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。
http://www.shochiku.co.jp/met/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]