明日を担う音楽家による特別演奏会

海外で実力を磨いた未来のスター歌手たちが集結!

上段左より:大勝秀也/清野友香莉/今野沙知恵/種谷典子/藤井麻美
下段左より:伊藤達人/小堀勇介/原田勇雅 C)Flavio Gallozzi/門間信樹

 新進オペラ歌手の全力投球ぶりを体感したければ、2月に開催の「明日を担う音楽家による特別演奏会」に足を運んでみてはいかがだろうか。筆者も毎回必ず鑑賞するコンサートであり、海外研修を終えたばかりの若手たちの、それはフレッシュな歌声にじっくり耳を傾けていると、“音楽浴”の効果で身体がほかほかしてくるのである。
 この演奏会は、文化庁の新進芸術家海外研修制度の期間を終えた歌手たちの研修発表の場として設けられたもの。なにしろ、国費留学の成果が問われるだけに、彼らの緊張ぶりも半端ないが、その特別なテンションあってこそ、“歌声が放つ熱気”もより著しいものになる。気鋭の新人勢にとっては、まさしく、“一生に一度”の晴れ舞台といっても過言でないだろう。出演は清野友香莉、今野沙知恵、種谷典子(以上、ソプラノ)、藤井麻美(メゾソプラノ)、伊藤達人、小堀勇介(以上、テノール)、原田勇雅(ゆうや)、門間信樹(以上、バリトン)の8名。バックは大勝秀也指揮の東京フィル。
 今回のプログラムでまず目を引くのは選曲の多彩さである。何しろ、ロッシーニの《セビリアの理髪師》のようなベルカント・オペラから、ジョルダーノの《アンドレア・シェニエ》といった激情的なイタリア・オペラ、さらには《ラクメ》のような抒情的なフランス・オペラに加えて、この種の演奏会では珍しいワーグナーも歌われるほか、20世紀のプーランクの人気曲やストラヴィンスキーの英語のアリアまで聴けるというから期待大である。
 オーケストラ伴奏のもと、こうした幅広い曲目で、若き歌手たちが美声と表現力を駆使するさまはやはり見逃せないだろう。知っているメロディを楽しむ心と、新しい曲への好奇心も、共に満たされるに違いない。
文:岸 純信(オペラ研究家)

■関連記事
【出演者メッセージ】明日を担う音楽家による特別演奏会
https://ebravo.jp/archives/39945

2018.2/6(火)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:チケットスペース03-3234-9999
http://www.ints.co.jp/