第40回 日本フルートフェスティヴァル in 東京

ハートフルなフルート・サウンドを満喫

梅田俊明 C)三浦興一

 プロ・アマチュアを問わず、フルートを愛する者が一堂に会し、共に音楽を楽しむ場として、毎年1月に開催されている「日本フルートフェスティヴァル in 東京」。40回目の節目を迎え、会場は例年にも増して、“奏でる喜び”に溢れた笛の音で満たされる。
 同フェスティヴァルは、1979年にスタート。フルートオーケストラによる演奏を軸に、開催が続けられている。今回は、仙台フィル常任指揮者などを歴任し、国内外の第一線オーケストラからの信頼も厚い、梅田俊明が指揮。参加奏者や聴衆が、存分に楽しめるプログラムが用意されている。
 まずは、プロ、アマチュア、ジュニアが揃い、パイプオルガンを交えて、エルガー「威風堂々」第1番で幕開け。そして、アマチュアがチャイコフスキーの組曲「眠りの森の美女」から2曲、ジュニアがハチャトゥリアン「剣の舞」などを演奏する。そして、プロ奏者によるオーケストラが、ショスタコーヴィチ「祝典序曲」とモーツァルト「交響曲第40番」を披露。最後は、客席も一体となって、再び「威風堂々」で締め括る。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年1月号より)

2018.1/14(日)14:00 すみだトリフォニーホール
問:プロアルテムジケ03-3943-6677
http://fs-tokyo.minim.ne.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]