シューベルト「冬の旅」 高橋悠治(ピアノ) 波多野睦美(メゾソプラノ)

固定観念を覆す鮮烈な「冬の旅」

 作曲とピアノ演奏を通じて、常に先鋭的なサウンドを構築する高橋悠治。そして、透明感と豊潤さを併せ持つ美声で、古楽から現代の作品までを歌いこなすメゾソプラノの波多野睦美。2人の名手が、シューベルト「冬の旅」のアルバムを発表した。傑作歌曲集の固定観念を覆す、鮮烈な音と言葉の世界。そんな旅を共にできる記念のステージが、冬の東京で開かれる。
 「なぜ『冬の旅』を? と聞かれても、答えは『冬の旅だから』でしかない」と波多野は言う。その表現は変幻自在。言葉ごとの意味合いを丁寧に掬い取り、ヴィブラート表現ひとつも、フレーズとの関係性が熟考されている。さらに、澄み切った母音の表現や、「mit」「muss」など、特に「m」の包み込むような発音に、はっとさせられる。
 かたや、高橋のピアノも、共に歌い、常に言葉を語り、単なる“伴奏”の域を超越。たとえ同じフレーズであっても、決して同じ表現が繰り返されるような箇所はない。楽想からざっくり感覚的にではなく、一つひとつの音符の表現を精査するから、スコア全体を組み上げてゆくような鋭い視点は、まさしく卓越した作曲家のそれだ。
 「シューベルトは、この曲を初めて友人たちの前で弾き歌いをした時に言った。『僕はこれら全てが好きだ。君たちもきっと好きになる』。つぶやきは本当になった。無数の音楽家が『君たち』の1人となり、今日も世界中のどこかで、それぞれの旅を歩んでいる」と波多野。この言葉は、きっと、聴き手にもあてはまるだろう。
文:寺西 肇
(ぶらあぼ2017年12月号より)

2018.1/8(月・祝)14:00 東京オペラシティ リサイタルホール
問:ダウランドアンドカンパニイ042-390-6430
http://www.dowland.jp/

CD『冬の旅 高橋悠治+波多野睦美』
ソネット MHS-005
¥2800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]