フェスティバルシティ・オープン記念 第55回大阪国際フェスティバル2017 アンドリス・ネルソンス(指揮) ボストン交響楽団

新時代の巨匠が名門楽団を率いて待望の来日


 アンドリス・ネルソンスがボストン交響楽団の音楽監督となって3年が過ぎたが、彼らの来日は今秋の目玉公演の一つ。就任早々契約延長が発表され、ショスタコーヴィチの交響曲全集はリリースする先からグラミー賞を受賞するなど、密度の濃い協働を発展させているからだ。
 ネルソンスは世界トップ・オーケストラへの定期的な客演に加え、今シーズンはさらにライプツィヒ・ゲヴァントハウス管のカペルマイスターに就任するなど、30代にして“俊英”から“巨匠”へと名実ともに成熟しつつある。高い集中力を保ちオーケストラをダイナミックに鳴らすだけでなく、時には意表を突く解釈を聴かせるなどイマジネーションも豊か。まだ大きく変わる可能性も秘めているので、名門ボストン響(音楽監督に率いられての来日は小澤征爾以来18年ぶり!)との現在をこの機会にぜひ耳に刻み付けてほしい。
 大阪公演では地元ボストンで進行中のショスタコーヴィチ・ツィクルスから、交響曲第11番「1905年」が演奏される。ロシア帝政軍による労働者弾圧、いわゆる「血の日曜日」事件を描いた大作で、軍が民衆に発砲する緊迫した場面や、死者への濃厚な哀歌が描き出される。不確実性を増す世界情勢をどこか連想させるこの曲に、彼らが込めるメッセージをしっかり受け止めたい。
 前半に演奏されるチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、甘美な音色でしなやかに旋律を紡ぎ出すギル・シャハムのソロで。ネルソンスの鮮やかなリード、しっとりした弦を中心とするノーブルなボストン響のサウンドを背景に、シャハムのヴァイオリンもひときわ輝きを増すことだろう。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2017年10月号より)

2017.11/4(土)16:00 フェスティバルホール
問:フェスティバルホール チケットセンター06-6231-2221 
http://www.festivalhall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]