スーパー・リクライニング・コンサート 第127回 中木健二(チェロ) & 永田美穂(ピアノ) デュオ

息の合った美しい好演に期待

 リクライニング・シートでゆったり実演を味わえるHakuju Hallの人気シリーズに、7月登場するのは、チェロの中木健二とピアノの永田美穂によるデュオ。中木はパリ国立高等音楽院ほかで学び、2005年ルトスワフスキ国際チェロ・コンクール優勝をはじめ受賞多数。10年よりフランス国立ボルドー・アキテーヌ管首席奏者を務め、ソリストとしても多彩に活躍中、いま注目の名手である。永田はパリ・エコール・ノルマル音楽院に学び、欧州の名門コンクールで上位入賞を重ね、3年前から日本でも本格的に活動を開始。フランスで研鑽と演奏活動を重ねてきたふたりは、公私ともにパートナーでもあり、息の合った美しい好演が大いに期待できる。
 約1時間のプログラムは、前半は彼らの経験が生きるフランスもので、フォーレ、サン=サーンス、プーランクの抒情的な名旋律で、そのエスプリを聴かせる。後半は、一気に技巧と愉悦が解放されるような名品、メンデルスゾーンのチェロ・ソナタ第2番で華やかに締める。
文:林 昌英
(ぶらあぼ 2017年7月号から)

7/14(金)15:00 19:30 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700
http://www.hakujuhall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 田中彩子(ソプラノ)インタビュー
      on 2019/09/18 at 11:18

      interview & text :室田尚子 ウィーンに居を構え、ヨーロッパを中心に南米など世界中で活躍するコロラトゥーラ・ソプラノの田中彩子。類い稀な高音と比類なきコロラトゥーラのテクニックで、名歌手エッダ・モーザーに「人生の中でそう聴けることのない素晴らしい声」と絶賛された経験を持つ。一度でも彼女の歌声を聴いた人ならば、その日本人離れした、いや、人間離れしたとさえ言えるような「天から響いてくる [&#8230 […]