コロッケ&京フィル アメージングコンサート in 春秋座

コロッケ

 「アートの域にまで高めた」と言われるまでの声帯・形態模写で、“モノマネ界のカリスマ”として君臨するコロッケ。そんな彼が新たな境地、クラシック・オーケストラとのコラボに挑む。しかも、会場は本来、歌舞伎など伝統芸能上演を目的とした京都芸術劇場 春秋座。果たして、どのような化学変化が待っているのか。
 「100パーセント真似るなら本物を見ればいい。模写は30パーセント、あとの70パーセントをデフォルメして独自性を創造する」が持論で、今やレパートリーは300以上に。今回は、井村誠貴指揮の京都フィルハーモニー室内合奏団が共演。電子音まで真似る楽団側の“ツッコミ”に、いつにない“返し”も期待できそう。
 ステージでは、親しみやすいクラシック名曲などを京フィルが披露。続いて登場するコロッケは、岩崎宏美、玉置浩二、松山千春などテレビでお馴染みのレパートリーはもちろん、名テナーのパヴァロッティまで、オーケストラを相手に大奮闘。もしかすると、“新たなジャンル”の誕生の瞬間に、立ち会うこととなるかも。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2017年7月号より)

2017.9/2(土)13:00 17:00 京都芸術劇場 春秋座
問:京都芸術劇場チケットセンター075-791-8240 
http://k-pac.org/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]