鈴木秀美(指揮) 新日本フィルハーモニー交響楽団

晩年のハイドンが描く壮大な世界と自然の賛美


 鈴木秀美の指揮により、ハイドンの壮大なオラトリオ「天地創造」が聴けるのは大きな喜びだが、期待と同時に不思議な興奮を呼び起こす。旧約聖書の『創世記』で描かれる世界の成立(神による6日間の創造)、ジョン・ミルトンの叙事詩『失楽園』で描かれたアダムとエヴァ(イヴ)の誕生。多くの人が文学として知る一連の流れを、ときおり描写的な手法も交えながら生き生きと音楽で表現し、歌い上げていくのがこのオラトリオだ。
 交響曲などの演奏でハイドンの音楽語法を追究してきた鈴木だが、蓄積されたノウハウを生かして演奏されるだけに、強い作品愛と生命力は期待以上だろう。鈴木は作品の魅力について「確かな信仰と神への感謝が、自然への感謝や生きていることへの感謝になり、聴き手は大きな共感をおぼえるはず。自然への愛着や慈しみも感じられ、雨風や雷、動物など自然の様子を模した表現は聴いていて楽しいものです」と語る。
 天使たちやアダムとエヴァを歌う、中江早希(ソプラノ)、櫻田亮(テノール)、多田羅迪夫(バス)といった声楽ソリストたち。鈴木の薫陶を得た合唱団「コーロ・リベロ・クラシコ・アウメンタート」の充実した響き。そして鈴木もかつて学んだフランス・ブリュッヘンと、2009年に「天地創造」を含むハイドン・シリーズを行った新日本フィル。鈴木は「共通の価値観、美観を見出して音楽作りをする幸せを味わいたい」と期待を表明しており、その充実した音楽が楽しみになってくる。
文:オヤマダアツシ
(ぶらあぼ 2017年6月号から)

第574回 定期演奏会 トパーズ〈トリフォニー・シリーズ〉
6/2(金)19:00、6/3(土)14:00 すみだトリフォニーホール
問 新日本フィル・チケットボックス03-5610-3815 
http://www.njp.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]