横浜みなとみらいホールが2017年度の主催公演を発表

プレス懇談会より池辺晋一郎 写真提供:横浜みなとみらいホール

 横浜みなとみらいホールが2月22日にプレス懇談会を開き、2017年度の主催公演を発表した。
 同ホール館長の池辺晋一郎は「館長に就任して今年で10年目。都心とは違った、素晴らしいロケーションで仕事ができるのを、いつも幸せだと感じている。就任当初に提案した、小ホールでの身近に楽しめるオペラや現代音楽のシリーズ、パイプオルガンのコンサートなどは、このホールの特色になっているかと思う」と語った。
 主催公演のうち主なものは、オーケストラではヘルベルト・ブロムシュテット指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のシューベルト「グレイト」とブラームスのヴァイオリン協奏曲(独奏:レオニダス・カヴァコス)(11/9)、フィリップ・ジョルダン指揮ウィーン交響楽団によるベートーヴェン「運命」とマーラー「巨人」(11/26)など。オペラは、「気楽にオペラ!《ラ・ボエーム》」(4/7,4/8) とパーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団による《ドン・ジョヴァンニ》(演奏会形式)(9/11)。同ホールの“シンボル”であるパイプオルガンの演奏会の中では、フランスの名匠ミシェル・ブヴァールのリサイタルに注目(2018.2/3)。また、30年以上にもわたり新進芸術家を紹介してきた「横浜市招待国際ピアノ演奏会」(11/3)は、今回で36回目を迎え、アレクセイ・タルタコフスキ、ナタナエル・グーアン、永野光太郎らが出演する。
(ぶらあぼ2017年4月号より)

横浜みなとみらいホール
http://www.yaf.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]