エサ=ペッカ・サロネン(指揮) フィルハーモニア管弦楽団

21世紀の名匠が名門楽団から引き出す鮮烈なサウンド

 エサ=ペッカ・サロネンとフィルハーモニア管弦楽団の名コンビがまもなく来日する。これまでもたびたび名演を聴かせてきてくれた同コンビだが、両者の関係は1983年まで遡る。当時25歳のサロネンはティルソン・トーマスの代役として急遽フィルハーモニア管に抜擢され、マーラーの交響曲第3番でセンセーショナルな成功を収めた。サロネンが国際的な名声を高めた後もオーケストラとの密接な関係は続き、2008年以降は首席指揮者兼アーティスティック・アドバイザーとして同管弦楽団の新時代を切り拓いている。
 今回の来日公演のプログラムには、そんな名コンビの今を知るには最適の曲目が選ばれた。
 東京ではリヒャルト・シュトラウスの交響詩「ドン・ファン」と「ツァラトゥストラはかく語りき」がとりあげられる。オーケストラの機能性や色彩感が最大限に生かされる選曲だ。メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲では諏訪内晶子の独奏が聴きもの。
 一方、横浜公演はオール・ベートーヴェン・プログラム。交響曲第7番を中心に、サロネンが21世紀にふさわしいベートーヴェン像を描いてくれることだろう。ピアノ協奏曲第3番では、チョ・ソンジンが独奏を務めるのも魅力。ショパン・コンクール優勝者として旋風を巻き起こした新鋭だが、ベートーヴェンは「人生を通じて演奏し続けていきたい作曲家。いつか協奏曲とソナタの全曲ツィクルスに挑みたい」という。サロネンとは初共演。特別な瞬間が訪れるのでは。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ 2017年5月号から)

5/20(土)18:00 東京芸術劇場 コンサートホール
5/21(日)14:00 横浜みなとみらいホール
問:ジャパン・アーツぴあ03-5774-3040
※全国公演の詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。
http://www.japanarts.co.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]