【ゲネプロレポート】東京二期会《ナクソス島のアリアドネ》Vol.1

 11月23日(水・祝)より日生劇場で上演される東京二期会《ナクソス島のアリアドネ》。9月の《トリスタンとイゾルデ》に続くライプツィヒ歌劇場との提携公演第2弾で、カロリーネ・グルーバー演出、シモーネ・ヤング指揮。
 21日に行われた初日組(林正子&片寄純也&髙橋維組、23日と26日出演)のゲネプロ(最終総稽古)をご紹介。
(2016.10/21 日生劇場 Photo:J.Otsuka/TokyoMDE)

【関連記事】
【ゲネプロレポート】東京二期会《ナクソス島のアリアドネ》Vol.2
演出家カロリーネ・グルーバーが語る《ナクソス島のアリアドネ》
初演から100年!日本初演を果たした東京二期会が《ナクソス島のアリアドネ》を上演

《プロローグ》







《オペラ》









【公演情報】
東京二期会オペラ劇場《ナクソス島のアリアドネ》
2016年11月23日(水・祝) 17:00、24日(木) 14:00、26日(土) 14:00、27日(日) 14:00
日生劇場

指揮:シモーネ・ヤング
演出:カロリーネ・グルーバー

管弦楽: 東京交響楽団

装置:ロイ・スパーン
衣裳:ミヒャエラ・バールト
照明:喜多村貴
演出助手:太田麻衣子

執事長:多田羅迪夫(全日)
音楽教師:小森輝彦(23日、26日) 山下浩司(24日、27日)
作曲家:白土理香(23日、26日) 杉山由紀(24日、27日)
プリマドンナ/アリアドネ:林正子(23日、26日) 田崎尚美(24日、27日)
テノール歌手/バッカス:片寄純也(23日、26日) 菅野敦(24日、27日)
士官:渡邉公威(23日、26日) 伊藤潤(24日、27日)
舞踏教師:升島唯博(23日、26日) 大川信之(24日、27日)
かつら師:野村光洋(23日、26日) 原田 圭(24日、27日)
召使い:佐藤望 湯澤直幹(23日、26日)(24日、27日)
ツェルビネッタ:髙橋維(23日、26日) 清野友香莉(24日、27日)
ハルレキン:加耒徹(23日、26日) 近藤圭(24日、27日)
スカラムッチョ:安冨泰一郎(23日、26日) 吉田連(24日、27日)
トゥルファルデン :倉本晋児(23日、26日) 松井永太郎(24日、27日)
ブリゲッラ:伊藤達人(23日、26日) 加藤太朗(24日、27日)
ナヤーデ :冨平安希子(23日、26日) 廣森彩(24日、27日)
ドゥリヤーデ:小泉詠子(23日、26日) 田村由貴絵(24日、27日)
エコー:上田純子(23日、26日) 北村さおり(24日、27日)

問:二期会チケットセンター03-3796-1831
http://www.nikikai.net/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]