Hakuju Hall 第23回 ワンダフル one アワー 小橋敦子トリオ ジャズ・ライヴ

ヨーロピアン・ジャズの魅力を存分に堪能

小橋敦子

小橋敦子

 一流演奏家による演奏を気軽に楽しめるコンサートとして評判のHakuju Hall『ワンダフル one アワー』。このシリーズに、小橋敦子トリオが出演する。
 小橋は現在オランダのアムステルダムに居を構えるピアニスト。精力的なライヴ活動に加え、すでに数枚のCDをリリースしており、独特の湿度感と深い陰影に彩られたその音楽は、国際的にも高い評価を得ている。今回の公演は、昨年リリースしたアルバム『ルージョン』とおなじメンバー(フランス・ヴァン・デル・フーヴェンとセバスティアン・カプテイン)によるもので、3者が織りなすスポンティニアスでセンシティヴなトリオ・サウンドは、ヨーロピアン・ジャズの魅力を存分に堪能させてくれるはず。
 プログラムには「スマイル」や「ソリチュード」など有名曲が並ぶが、それが彼らの手にかかるとどんなジャズになるか…。晩秋のひと時、滴り落ちるような叙情的響きに身を委ねてみてはいかが?
文:藤本史昭
(ぶらあぼ 2016年10月号から)

11/17(木)15:00 19:30 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700
http://www.hakujuhall.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]