クァルテット・ウィークエンド ウェールズ弦楽四重奏団

気鋭のクァルテットが挑む“1824年”の2大傑作

©Satoshi Oono

©Satoshi Oono

 現在最も注目を浴びている若手クァルテットのひとつで、今年結成10周年を迎えるウェールズ弦楽四重奏団が、第一生命ホールの人気シリーズ『クァルテット・ウィークエンド』に登場する。
 今回は、彼らの思い入れが深いシューベルトの後期作品に、ウィーンの作曲家を組み合わせた3回のシリーズを企画。その第1回目となる当公演では、シューベルトの第13番「ロザムンデ」と、ベートーヴェンの第12番を演奏する。この2曲は、ともに1824年に作曲され、初演も同じ演奏者が行った繋がりの深い作品。しかも、今回は初演された順番に演奏するので、当時のウィーンの聴き手が味わった感動を追体験できるかもしれない。
 クァルテットの在り方を、「音が鳴った瞬間、ボールを蹴った瞬間に、ここにこう来るだろうなと、同時にお互いの考えが並行していないと成り立たないサッカーチームのようなもの」と語る彼ら。そのハイブリッドで洗練された解釈は、間もなく秋の晴海で明らかになる。
文:渡辺謙太郎
(ぶらあぼ 2016年10月号から)

10/10(月・祝)14:00 第一生命ホール
問:トリトンアーツ・チケットデスク03-3532-5702
http://www.triton-arts.net

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]