ヴェルテダンス『CORRECTION』

チェコより話題のカンパニーが初来日!

©Radek Holes

©Radek Holes

 世界各国の舞台芸術祭で絶賛を浴びるチェコ共和国のダンスカンパニー、ヴェルテダンスが初来日。2014年の初演作であり代表作のひとつ、『CORREC TION』を披露する。
 ヴェルテダンスはダンサー・振付家のヴェロニカ・クニトロヴァーとテレザ・オンドロヴァー、照明デザイナーのパヴェル・コテリークにより2004年に創設された気鋭の若手カンパニー。これまで手がけた約20のプロジェクトのなかでも、『CORRECTION』はエジンバラ・フリンジフェスティバルの「ヘラルド・エンジェル・アワード 2015」をはじめ数々の賞に輝いてきた話題作だ。舞台上に登場するのは、床に釘打ちされた靴を履いた7名のダンサーたち。クラリネット四重奏によるライヴ演奏が流れるなか、彼らは自身の影と必死の格闘を試みる。ダンサーから動きの自由を奪うという奇抜な設定と、それに抗おうとする彼らの闘いは、現代社会の闇に対するメタファーか。舞台は東京を皮切りに、金沢、愛知で上演。3都市を巡演し、この秋かつてない作品世界を提示する。
文:小野寺悦子
(ぶらあぼ 2016年10月号から)

10/4(火)、10/5(水)各日19:00 スパイラルホール 問:Dance New Air 080-3340-5670 
10/8(土)18:00、10/9(日)15:00 金沢21世紀美術館 シアター21 問:076-220-2811
10/14(金)19:30、10/15(土)13:00 16:00 愛知県芸術劇場(小)問:052-971-5609

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]