小林研一郎 × 日本フィル ベートーヴェン交響曲ツィクルス 第3回

親密な空間で聴く生命力あふれるベートーヴェン

小林研一郎 ©浦野俊之

小林研一郎 ©浦野俊之

 杉並公会堂開館10周年を記念して、小林研一郎指揮日本フィルによるベートーヴェンの交響曲ツィクルスが開催されている。「炎のコバケン」の愛称で親しまれるマエストロと日本フィルは長年にわたる名コンビ。マエストロの熱い思いをこれほど音にして表現できるオーケストラはないだろう。
 9月には全6回公演のツィクルスの第3回として、交響曲第2番と第7番の2曲が演奏される。交響曲第2番はいまだハイドン、モーツァルトら先人の影響の濃い初期作品とされるが、起伏に富んだダイナミズムはベートーヴェンならでは。そして、交響曲第7番では熱狂的なリズムの饗宴がくりひろげられる。このコンビらしい生命力あふれるベートーヴェンが期待できそうだ。
 また、会場の杉並公会堂は約1200席ほどの大きさ。奏者と客席の距離が近く、親密な空間を共有できるのも大きな魅力である。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ 2016年9月号から)

9/22(木・祝)15:00 杉並公会堂
問:杉並公会堂03-5347-4450
http://www.suginamikoukaidou.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]