青島広志 Presents オーケストラル・バレエ

踊り&トーク&演奏で楽しむ華麗なるバレエの世界

 バレエの名曲コンサートというのはそう珍しくないが、ちょっと趣向を変えた催しがお目見えする。マルチ・アーティストとして活躍する作曲家、青島広志が、タクトを振ってトークを交えながら優雅なバレエの世界へ案内するというものだ。「横浜音祭り」の一環として開催される。演奏はバレエ音楽に精通したシアター オーケストラ トーキョー、バレエは熊川哲也率いるKバレエスクールの若手ダンサーたち。曲目に目を向けると、第1部は、『くるみ割り人形』より各国の踊りや『眠れる森の美女』よりワルツ、プロコフィエフの『ロミオとジュリエット』、ドリーブの『コッペリア』…と実に多彩。第2部は、チャイコフスキーの名曲『白鳥の湖』を人気俳優の山本耕史の朗読により音楽劇として上演するのがぜいたくである。本公演を企画した新井鷗子の音楽劇台本シリーズから選曲された。バレエを観るのは初めてという人にも気軽に楽しんでいただけることだろう。
文:渡辺真弓
(ぶらあぼ 2016年9月号から)

10/29(土)15:00 横浜みなとみらいホール
問:横浜みなとみらいホールチケットセンター045-682-2000
http://www.yaf.or.jp/mmh

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]