Danza2016年6月号

【今月の表紙】
スヴェトラーナ・ザハーロワ & ワディム・レーピン

6/11(土)17:00 愛知県芸術劇場コンサートホール
6/15(水)19:00 ベイシア文化ホール
6/17(金)19:00 サントリーホール

夢の共演が東京、前橋、名古屋で実現する。バレエ界の女王、スヴェトラーナザハーロワが、プライベートでもパートナーである人気ヴァイオリニストのワディムレーピンと同じ舞台に立つ。東京と前橋は、レーピンが芸術監督をつとめるトランス=シベリア芸術祭の一環として、名古屋では昨年亡くなったマイヤプリセツカヤを不朽の名作『瀕死の白鳥』で追悼する公演。共演は、ボリショイバレエのミハイルロブーヒン、モスクワ音楽劇場バレエのドミトリーザグレビンほか。
※P.257掲載の紹介記事もぜひお読みください。

Danza Pre-Stage=Prestige interview
254 牧 阿佐美(牧阿佐美バレヱ団主宰/振付家)

256 Catch Up
260 エッセイ 乗越たかお『誰も踊ってはならぬ』
261 Danza News
262 6月の前売チケット 5月下旬〜6月末の発売情報
264 6月の公演情報

●いますぐ読む→

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]