渡辺健二(ピアノ)

フランツ・リストを人生の目標に

 楽曲への愛着はもとより、その精神への共感から、長らくリスト作品の探究を続けてきた渡辺健二。リスト音楽院留学中にリスト・バルトーク国際ピアノコンクールに入賞し、後年には審査員も務めるなど、ハンガリーゆかりの作品に深い理解を持つ。
 今回取りあげるのは、バルトーク、リスト、シューベルト。まずバルトークは「子供のために」第3集。シンプルな音楽の中に、バルトークらしい斬新な和音やリズムが聴かれる作品だ。リストからは、作曲家が信仰心を深める中で書き上げた「2つの伝説」。リスト弾きならではの、豊富な知識に裏打ちされた表現を聴くことができるだろう。そして後半は、深い精神世界を持つシューベルトのソナタ第18番「幻想」に向き合う。
 演奏家、教育者として長きにわたり活躍してきた渡辺。「リストが目指した、人を愛し、助け、社会に奉仕することを、勇気をもってやっていきたい。リストは人生の目標」だという。円熟期を迎えた今、このプログラムを通して何を語るのだろうか。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ + Danza inside 2016年6月号から)

6/10(金)19:00 東京文化会館(小)
問:プロアルテムジケ03-3943-6677
http://www.proarte.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]