【読者プレゼント】ボッティチェリ展 ご招待券

 日伊国交樹立150周年を迎えた今年、イタリア・ルネサンス期を代表する画家サンドロ・ボッティチェリ(1444/45-1510)の日本初となる大回顧展が、4月3日まで東京都美術館で開催されている。
 美術の教科書でおなじみの《ヴィーナスの誕生》や《春》など、数々の宗教画や神話画を遺してきたボッティチェリ。彼の作品は、その多くが板に描かれて極めて繊細なため、まとまった作品数の来日がこれまで叶わずにいた。
 本展では、数多く描いた聖母子像の中でも、最高傑作のひとつとされる《聖母子(書物の聖母)》(1482-83年頃)が初来日、日本で唯一所蔵する《美しきシモネッタの肖像》(1480-85年頃)も展示される。その他、フィレンチェを中心に世界各地からボッティチェリの貴重な作品を20点以上を集めており、ルネサンスの大画家の業績をたどる貴重な展覧会だ。

◆関連記事
 「東京・春・音楽祭」WEBぶらあぼ特設サイト「WEBぶらあぼ ANNEX」
ボッティチェリ展、ミュージアム・コンサートへの誘い〜彌勒忠史(カウンターテナー)

 WEBぶらあぼでは、本展の招待券を読者限定5組10名様にプレゼント


【プレゼント応募先】
ハガキ、またはメールにて、
●住所●氏名●年齢●職業●WEBぶらあぼ、または、ぶらあぼfacebookについての感想をお書きの上、
2016年3月16日(水)必着でご応募ください。
当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

〒102-0073 千代田区九段北1-3-6 セーキビル4F
東京MDE「ぶらあぼ + Danza inside」編集部
ボッティチェリ展 プレゼント係
e-mail:present_bravo@mde.co.jp

サンドロ・ボッティチェリ 《聖母子(書物の聖母)	》 C)Milano, Museo Poldi Pezzoli, Foto Malcangi

サンドロ・ボッティチェリ
《聖母子(書物の聖母) 》
C)Milano, Museo Poldi Pezzoli, Foto Malcangi

サンドロ・ボッティチェリ 《美しきシモネッタの肖像》 C)Marubeni Corporation

サンドロ・ボッティチェリ
《美しきシモネッタの肖像》
C)Marubeni Corporation

ボッティチェリ展
2016年1月16日(土) 〜 4月3日(日) 東京都美術館 企画棟 企画展示室

休室日:月曜日、3月22日(火) 
    ※ただし、3月21日(月・休)、28日(月)は開室
開室時間:9:30〜17:30 (入室は閉室の30分前まで)
     *夜間開室 毎週金曜日は9:30〜20:00 (入室は閉室の30分前まで)
観覧料:一般 1,600円/学生(大学生・専門学校生) 1,300円/高校生 800円/65歳以上 1,000円

特設WEBサイト http://botticelli.jp