Danza2016年1月号

【Danza今月の表紙】
インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック
ダンス・カンパニー
『DUST−ダスト』

2016.1/28(木)〜1/31(日) 彩の国さいたま芸術劇場 

イスラエルを代表する「インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック ダンス・カンパニー」が、8年ぶりに彩の国さいたま芸術劇場に登場。演目の『DUST−ダスト』は、2013年12月にイスラエルで初演された作品で、子どもの頃の夢を想わせるシュールなポエジーとユーモア溢れるダンス・ワンダーランド。日本初演。

Danza Pre-Stage=Prestige interview
242 白井 剛(振付家・ダンサー)

244 Catch Up
248 エッセイ 乗越たかお『誰も踊ってはならぬ』
249 Danza News
250 1月の前売チケット 2015年12月下旬~2016年1月末の発売情報
251 1月の公演情報

●いますぐ読む→

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]