神奈川県民ホール 年末年越しスペシャル ファンタスティック・ガラコンサート2015

10回目を迎えてひときわ華やかに!


 オペラとバレエ、そしてオーケストラ・コンサートと、3つの舞台芸術が一気に堪能できる“一粒で三度おいしい”ステージが好評を博している、神奈川県民ホールの『ファンタスティック・ガラコンサート』。10回目の節目となる今年は、これまでの集大成として、特に好評だった選りすぐりの演目を中心に。オペラ・ステージは、塩田美奈子(ソプラノ)、林美智子(メゾソプラノ)、望月哲也(テノール)に、司会も務める宮本益光(バリトン)と豪華な顔ぶれが揃い、ビゼー《カルメン》やオペレッタなどから、数々の名アリアを披露。そして、バレエ・ステージには、地元・神奈川出身で国際的にも高い評価を受ける上野水香が登場。バレエ版の《カルメン》など、華麗な踊りで魅せる。そして最後は、全ての演奏を担当する、松尾葉子指揮の神奈川フィルハーモニー管弦楽団が主役に。ピアノの外山啓介をソロに迎えてのガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー」など、名旋律をたっぷりと聴かせてくれる。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年12月号から)

12/29(火)15:00 神奈川県民ホール
問:チケットかながわ0570-015-415
http://www.kanagawa-arts.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • マエストロのレシピ まとめ
      on 2019/10/23 at 04:14

      職業柄、旅に出ることが多く、仕事の合間を縫って食材を作っている現場に赴くこともあると語るマエストロ・曽我大介。 このコラムでは、彼が情熱を抱きながら調理している鉄板レシピを、その料理にまつわるエピソードやライフスタイルとともにご紹介しています。 マエストロのレシピ 菜の花とアサリとベーコンのスパゲッティ | マエストロのレシピ Vol.1 シューマンの「春」を譜読みしていたマエストロが、春のヨーロ [&#8230 […]