クリスティアン・ベザイデンホウト(フォルテピアノ)の世界 Vol.4

フォルテピアノで聴くモーツァルトの息づかい

©Marco Borggreve

©Marco Borggreve

 モーツァルトの音楽への愛が止まらない! そんな人はぜひともこのコンサートを聴いてほしい。1979年生まれの実力派フォルテピアノ奏者、クリスティアン・ベザイデンホウトのリサイタルだ。溢れ出る輝き、クルクルと変わる表情、瑞々しい生命力——そんな“モーツァルトの息づかい”を、ベザイデンホウトが18世紀にタイムトリップよろしく鮮やかに伝えてくれるだろう。鋭い感性と深い洞察力で彼が巧みに操る楽器は、モーツァルトが使用したワルター製のフォルテピアノのレプリカ。
 シリーズ4回目となる今年は、モーツァルトが10歳の頃に書いた可愛らしい「クラヴィーアのための小品 K33b」、シリアスな表情をもつ「転調するプレリュード K624a」や「幻想曲 ハ短調 K475」、そして快活なソナタ第7番、「トルコ行進曲つき」の第11番が披露される。当時の楽器だからこそ実現される、オペラのように表情豊かな演奏をたっぷりと楽しみたい。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年10月号から)

12/15(火)19:00 王子ホール 9/26(土)発売
問:王子ホールチケットセンター03-3567-9990
http://www.ojihall.jp

他公演
12/12(土)兵庫県立芸術文化センター(小)(0798-68-0255)、12/13(日)宗次ホール(052-265-1718)、12/17(木)札幌コンサートホール(小)(011-520-1234)

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]