スクリャービン没後100年 ピアノ・ソナタ全曲演奏会

ソナタ全曲で堪能する“鬼才作曲家”のピアニズム

アレクサンドル・スクリャービン

アレクサンドル・スクリャービン

 今年は、近代ロシアの鬼才作曲家、アレクサンドル・スクリャービンの没後100年。これを記念して、ベテランから俊英まで、第一線で活躍する10人の日本人ピアニストが一堂に会し、ピアノ・ソナタ全10曲を一気に披露する意欲的なステージが開かれる。
 当日はまず、西尾真実による第1番に始まり、志村泉が第2番「幻想ソナタ」、村上弦一郎が第3番を披露。1度目の休憩を挟んで、船橋泉乃の第4番、田中正也の第5番、太田由美子による第6番が続く。2度目の休憩を経て、矢澤一彦が第7番「白ミサ」、中野孝紀が第8番、岡田敦子が第9番「黒ミサ」、そして第10番を松山元が弾いて締め括る。リムスキー=コルサコフと親交を結んでいた青年期の1892年に発表した第1番に始まり、ニーチェの超人思想に心酔し、独自の「神秘和音」を編み出した第4番、そして、現代音楽の先駆者と目されるに至った1913年の第10番まで。鬼才スクリャービンの創作と精神の変遷を、一級の演奏で一度に堪能できる、貴重な機会となるだろう。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年9月号から)

10/4(日)16:30 小金井 宮地楽器ホール(小金井市民交流センター)
問:プロアルテムジケ03-3943-6677
http://www.proarte.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]