『ファム・ファタール』

撮影:吉田多麻希

撮影:吉田多麻希

 そろそろ誕生から30年が経とうとしている日本のコンテンポラリー・ダンス。その長きにわたってシーンを牽引してきた3人の女性ダンサーが、次の時代、次のダンスに向けて結集した。
 まずはコンテンポラリー・ダンスで傑出した作品を生み出すのみならず、フィギュアスケート日本代表選手らにも振り付けてきた平山素子。次に様々な有名カンパニーや森山開次などとの共演、自ら振り付けたソロダンスなど、確かな技術と強い存在感を示してきた加賀谷香。そして演劇やミュージシャンのPVなどでは引っ張りだこの人気ながら、最近初のソロ公演も成功させた注目の原田薫…実力・人気の3人である。
 しかもタイトルが『ファム・ファタール』、つまり「運命の女」という意味だ。相手の魂をわしづかみにし、ときに破滅にまで追いやるほどの魅力をたたえた女性である。観客全てを魅了する、濃厚で芳醇な舞台を期待したい。
文:乗越たかお
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年7月号から)

8/28(金)〜8/30(日) アサヒ・アートスクエア 
6/26(金)発売
問:alfalfa(アルファルファ)070-6443-8151 
http://alfalfalfa.net/