DANCE OPERA『マスカレード〜Final』

ダンスオペラ最終章、遂に開幕! 

 男性7人によるパフォーマンス・グループDIAMOND☆DOGSが贈るダンスオペラ三部作が、この春『マスカレード〜Final』をもっていよいよ最終章を迎える。ハチャトゥリアン作曲「マスカレード」(仮面舞踏会)をアレンジし、シェイクスピア作『ヴェニスの商人』をモティーフに展開する人気シリーズとして親しまれてきた本作。男たちが織りなすその圧倒的なパフォーマンスと、独自の世界観が大きな魅力だ。三回目の上演となる今回は、東山義久・森新吾・小寺利光・中塚皓平・和田泰右・咲山類・TAKAらお馴染みDIAMOND☆DOGSのメンバーに加え、バレエを中心に幅広いステージに立つ長澤風海、コンテンポラリーダンス・シーンで活躍する穴井豪に、元宝塚雪組男役トップスターの水夏希も参戦。豪華キャストをゲストに迎え、ダンスもひと際パワーアップ。白熱のステージを繰り広げ、シリーズ最終章を華やかに盛り上げる。
文:小野寺悦子
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年5月号から)

5/27(水)〜5/31(日) 銀河劇場 
問:銀河劇場チケットセンター03-5769-0011
6/5(金)19:00 サンケイホールブリーゼ 
問:ブリーゼチケットセンター06-6341-8888

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]