Music Program TOKYO 東京文化会館プラチナ・シリーズ 2015

極上の空間で名演を体感


 2013年からスタートした東京文化会館の人気企画『プラチナ・シリーズ』。「奇跡の音響」と称えられる649席の小ホールで、現代最高の名手たちが極上の音楽を奏でる贅沢なひとときだ。2015/16シリーズは、全5回の公演を開催。昨年同様、実に多彩で豪華なラインナップが魅力だ。
 第1回は、メキシコのパーカッション・グループ、タンブッコが登場。リカルド・ガヤルドらメンバー4人は、全員がソリストとしても活躍する実力派集団だ。今回演奏するのは、ガヤルドの自作曲(世界初演)やライヒ「木片のための音楽」など。切れ味鋭いリズム・センスと一糸乱れぬ完璧なアンサンブルで聴き手を魅了してくれることだろう。
 第2回は、今年85歳のジャズ・ピアニスト、秋吉敏子による貴重なソロ・ライヴ。彼女は日本人初の米ジャズ殿堂入りを果たし、グラミー賞も獲得しているジャズ界の至宝だ。先年も東京のブルーノートで4日連続公演を行うなど、衰えをまったく感じさせない秋吉の“現在”に注目が集まる。
 第3回は、チェロのゴーティエ・カプソンとピアノの児玉桃が共演。チェロ界の若きホープと、幅広いレパートリーとたしかな表現力に定評のある児玉が、シューマン、ブリテン、ドビュッシー、ブラームスと多彩なプログラムを披露する。それぞれの持ち味とセンスで、これらの作品をどう鮮やかに描き分けるのかが楽しみだ。
 第4回は、クラリネットの名門オッテンザマー家の親子3人、クラリノッティが奏でるファン垂涎の公演。父エルンストと長男ダニエルはウィーン・フィル、次男アンドレアスはベルリン・フィルでいずれも首席奏者を務めるスーパー・アンサンブルだ。今回はピアニストの菊池洋子も加わり、オペラ、舞曲、映画音楽など、クロスオーバーなプログラムを披露。これは聴き逃せない。
 そしてシリーズを締め括る第5回は、昨年デビュー45周年を迎えた世界的ギタリスト、荘村清志による“特別な”午後のひととき。公演日(2/20)は盟友・武満徹の20回目の命日にあたることから、「20年目の命日に贈るタケミツの愛のうた」と銘打ち、演目はオール武満。今回は新進ソプラノの小林沙羅と共演。滋味溢れるギターは深みと精彩をさらに増し、武満への哀悼と感謝を朗々と歌い上げることだろう。
文:渡辺謙太郎
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年4月号から)

第1回 タンブッコ 10/4(日)15:00
第2回 秋吉敏子 10/18(日)15:00
第3回 ゴーティエ・カプソン&児玉桃
11/27(金)19:00
第4回 クラリノッティ
2016/2/2(火)19:00
第5回 荘村清志 小林沙羅(ゲスト)
2016/2/20(土)15:00
東京文化会館(小)

5公演セット券:4/11(土)発売
1回券:5/9(土)発売

問 東京文化会館チケットサービス
  03-5685-0650 
http://www.t-bunka.jp