森山開次 × ひびのこづえ × 川瀬浩介 LIVE BONE in 春秋座

かつてないスタイルに進化した、LIVE BONE

 2004〜09年のNHK『からだであそぼ』(09年以降は『あさだ! からだ!』)内で、身体のパーツをキュートな踊りで表現して人気を呼んだ、森山開次(振付・ソロ)×ひびのこづえ(美術・衣装)×川瀬浩介(音楽)の「踊る内臓」コーナー。10年からはライヴパフォーマンス『LIVE BONE』となり、日本国内13ヵ所と、インドネシア(バリ&ジャカルタ)、シンガポールを巡った。
 さらに13年、ダンサーや美術・衣装を追加した劇場版が誕生。骨、内蔵、目、鼻、口…などをテーマに次々と繰り広げられる楽しく美しいダンスが、老若男女を魅了した。この劇場版が、歌舞伎俳優・市川猿之助が芸術監督を務める京都芸術劇場・春秋座に初登場。それも、昨年12月にオーディションで選ばれた小学生達10名からなる「こどもBONEズ京都」とプロのダンサー達との共演という、かつてないスタイルで、新たな場面を加えて上演される。
 『からだであそぼ』を見て育った世代の子供達を迎え、本作はどのような進化を遂げるのか? 観客にとっても、人体の魅力と無限の可能性を再発見するひとときとなりそうだ。
文:高橋彩子
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年3月号から)

3/29(日)14:00 京都芸術劇場 春秋座
問:京都芸術劇場チケットセンター075-791-8240 
http://www.k-pac.org

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]