古澤巌 TYPHOONの復活祭2015

古澤巌率いる伝説のバンドがよみがえる!

 「美しいピアノ四重奏曲を、最高のメンバーで演りたい。それも、限りなくポップに」。クラシックの枠を超越した、鮮烈な演奏活動を続けるヴァイオリニストの古澤巌が、熱い思いで1991年に立ち上げた伝説のバンド「TYPHOON」。イタリア系スコットランド人のポール・コレッティ(ヴィオラ)、アメリカ人のフィリップ・ブッシュ(ピアノ)、フランス系ドイツ人のフランシス・グトン(チェロ)と共に、クラシックにジプシー音楽を散りばめ、50回もの大ホール公演や数々のアルバムを通じて、唯一無二のサウンドを生み出し続けた。99年に解散してしまったものの、古澤が3年前に米ロサンゼルスでコレッティに再会したのを機に、翌年のクリスマスに再結成。『復活祭2015』と銘打った今回のステージは、古澤曰く「間近で手に取るように演奏したいため、あえて小さなホールで」の開催。シューマン、フォーレ、ブラームスとピアノ四重奏曲の名品を全曲披露するほか、ジプシーの名旋律で、古澤の“十八番”であるディニク「ひばり」も、「もちろん、欠かせない!」とのこと。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年3月号から)

3/19(木)19:00、3/20(金)15:00 19:00 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700 
http://www.hakujuhall.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]