読響アンサンブル・シリーズ Vol.3 ニュー・イヤー・コンサート〜華麗なる木管五重奏〜

快適な空間で極上の響きに浸る至福の新年

 木管アンサンブルの響きは、理屈抜きに心地よい。それを木に包まれた小ぶりのホールで聴けば、心地よさはさらに増す。1月によみうり大手町ホールで行われる「ニュー・イヤー・コンサート〜華麗なる木管五重奏〜」は、まさにそんな幸せなコンサートだ。『読響アンサンブル・シリーズ』の第3回目でもある同公演の主役は、読売日本交響楽団の管楽器奏者26人の中に占める4人の女性奏者=首席フルートの倉田優、オーボエの北村貴子、首席クラリネットの藤井洋子、ファゴットの岩佐雅美。この木管の華やかな顔ぶれに、ホルンの伴野涼介、打楽器の野本洋介が加わって、柔らかく温かな響きを聴かせる。
 プログラム前半は、ハイドンの「ディヴェルティメント 変ロ長調 Hob.Ⅱ:46」(これ実は、第2楽章の主題がブラームスの「ハイドンの主題による変奏曲」に用いられた曲)、イベールの「3つの小品」といった本格的な木管作品。繊細かつふくよかな音が精緻に綾なすアンサンブルを、じっくりと堪能できる。後半は雰囲気を変えて、「観光列車」「美しく青きドナウ」をはじめとするヨハン・シュトラウス2世等のワルツやポルカ。こちらはおなじみのメロディと共に、晴れやかなウィーンのニューイヤー気分を満喫できる。ちなみに木管によるこうしたウィーンの音楽も定番のひとつだ。
 読響の管楽器陣の技量の高さは周知の事実。その音色美と名技を、室内楽に最適な501席のホールで味わうのは、新年早々贅沢この上ない。ここは、日常の憂さや疲れを忘れ、極上の読響サウンドに浸ろう!
文:柴田克彦
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年1月号から)

2015.1/17(土)14:00 よみうり大手町ホール
問:読売新聞文化事業部03-3216-8500
http://yomi.otemachi-hall.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]