神奈川県民ホール 年末年越しスペシャル ファンタスティック・ガラコンサート 2014

今年のコンセプトは“40”

 オペラにバレエにオーケストラ。名作のハイライトをいっぺんに楽しめる、まさにファンタスティックな、神奈川県民ホールの『ファンタスティック・ガラコンサート』が、恒例の年末に戻ってきた。昨年はホールの改修休館のために11月末に開催されたが、年の瀬ならではの開放感はやはり特別。一年を締めくくって新しい年に向かうワクワク感が、華やかなガラにいっそうの彩りを添えてくれるはず。
 神奈川県民ホールが来年1月に開館40周年を迎えるのにちなんで、プログラムに作曲家40歳の作品を織り込むという趣向の選曲。ヴェルディの《椿姫》、プッチーニの《トスカ》、エロール(エロルド)の《ザンパ》といったオペラや、チャイコフスキーの「イタリア奇想曲」は、どれもみな作曲家が40歳の年に完成した(または手がけていた)作品だ。経験を積み、円熟を迎えた年齢に生まれた作品を並べて聴く機会は、単なる数字遊びだけでない意味もありそう。
 指揮の松尾葉子、司会も務めるバリトンの宮本益光、東京バレエ団のプリンシパル上野水香と高岸直樹は、このコンサートの頼もしい常連たち。そして、赤丸急上昇中の2人のソプラノ・小林沙羅と岡田昌子に、テノールの山本耕平とサクソフォンの上野耕平という、時代を切り拓く2人の若き“耕平”。いま話題のアーティストたちが顔を揃える。管弦楽はもちろん神奈川フィル。
 2015年へのカウントダウンを、この豪華なガラから始めてみては?
文:宮本 明
(ぶらあぼ + Danza inside 2014年10月号から)

12/28(日)15:00 神奈川県民ホール
問:チケットかながわ0570-015-415 
http://www.kanagawa-kenminhall.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]