神奈川県民ホール 年末年越しスペシャル ファンタスティック・ガラコンサート 2014

今年のコンセプトは“40”

 オペラにバレエにオーケストラ。名作のハイライトをいっぺんに楽しめる、まさにファンタスティックな、神奈川県民ホールの『ファンタスティック・ガラコンサート』が、恒例の年末に戻ってきた。昨年はホールの改修休館のために11月末に開催されたが、年の瀬ならではの開放感はやはり特別。一年を締めくくって新しい年に向かうワクワク感が、華やかなガラにいっそうの彩りを添えてくれるはず。
 神奈川県民ホールが来年1月に開館40周年を迎えるのにちなんで、プログラムに作曲家40歳の作品を織り込むという趣向の選曲。ヴェルディの《椿姫》、プッチーニの《トスカ》、エロール(エロルド)の《ザンパ》といったオペラや、チャイコフスキーの「イタリア奇想曲」は、どれもみな作曲家が40歳の年に完成した(または手がけていた)作品だ。経験を積み、円熟を迎えた年齢に生まれた作品を並べて聴く機会は、単なる数字遊びだけでない意味もありそう。
 指揮の松尾葉子、司会も務めるバリトンの宮本益光、東京バレエ団のプリンシパル上野水香と高岸直樹は、このコンサートの頼もしい常連たち。そして、赤丸急上昇中の2人のソプラノ・小林沙羅と岡田昌子に、テノールの山本耕平とサクソフォンの上野耕平という、時代を切り拓く2人の若き“耕平”。いま話題のアーティストたちが顔を揃える。管弦楽はもちろん神奈川フィル。
 2015年へのカウントダウンを、この豪華なガラから始めてみては?
文:宮本 明
(ぶらあぼ + Danza inside 2014年10月号から)

12/28(日)15:00 神奈川県民ホール
問:チケットかながわ0570-015-415 
http://www.kanagawa-kenminhall.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]