第431回 日経ミューズサロン シングフォニカー 初来日クリスマス・コンサート

鉄壁のハーモニーと変幻自在の音楽性

 人間の「声」が持つ底力を体感できるはず。才能あふれる5人の歌手と1人のピアニストによって、1982年にドイツで結成されたアンサンブル「シングフォニカー」。厳かなグレゴリオ聖歌で聴く者を中世の僧院に誘ったかと思えば、1920〜30年代のアカペラグループ、コメディアン・ハーモニスツのナンバーで、喧騒のキャバレーへ。そして、シューベルトやメンデルスゾーンを正統派の響きで聴かせ、サイモン&ガーファンクルの名曲で魅せる——。鉄壁のハーモニーと変幻自在の音楽性で、世界中の聴衆を釘づけにしてきた。日経ミューズサロンでのステージは「世界の歌」と題して、スティング「シスター・ムーン」やサイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」、ビートルズ「オブラディ・オブラダ」などポップスから、「もろびとこぞりて」などのクリスマス・メドレー、イタリアの「おお、いと聖なる」をはじめ、クリスマスにちなんだ各地の民謡まで、たっぷりと披露。一足早いプレゼントとなりそう。
文:笹田和人
(ぶらあぼ + Danza inside 2014年11月号から)

12/19(金)18:30 日経ホール
問:日経ミューズサロン事務局03-3943-7066 
http://www.nikkei-hall.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]