文化功労者に指揮者の秋山和慶さん、作曲家の湯浅譲二さんら

秋山和慶

秋山和慶

 指揮者の秋山和慶さん(73)、作曲家の湯浅譲二さん(85)らが文化功労者に選ばれた。24日、政府が発表した。

 秋山さんは1964年に東京交響楽団を指揮してデビュー、今年が指揮者生活50周年となる。2001年に紫綬褒章を、2011年には旭日小綬章を受章。現在、東京交響楽団桂冠指揮者、広島交響楽団音楽監督・常任指揮者、九州交響楽団桂冠指揮者、中部フィルハーモニー交響楽団アーティスティック・ディレクター&プリンシパル・コンダクターを務めている。

 秋山さんの受章に際し東京交響楽団専務理事・楽団長の大野順二さんは「秋山和慶氏は、音楽監督として40年にわたり当楽団のレパートリーの拡大に貢献してくださいました。中でもシェーンベルクの《モーゼとアロン》《グレの歌》等の大型公演が記憶に残っております。指揮者生活50年を迎えられ、ますます冴えわたるタクトのもと、今後も共に演奏させていただきたいと思います」とのコメントを寄せた。

 東京交響楽団では来年2月11日(水)、ミューザ川崎シンフォニーホールで「秋山和慶 指揮者生活50周年記念演奏会」を予定している。

東京交響楽団
http://tokyosymphony.jp/

 湯浅さんは1949年慶応大学教養学部医学部進学コースに入学。在学中から秋山邦晴、武満徹らと親交を結び、52年「実験工房」に参加、作曲に専念。以来、国内はもとより、世界の主要オーケストラ、フェスティバルなどから多数の委嘱を受けている。現在、カリフォルニア大学サン・ディエゴ校名誉教授のほか、日本大学芸術学部、東京音楽大学、桐朋学園大学等で後進の指導にあたっている。1997年に紫綬褒章を受章、99年に日本芸術院賞・恩賜賞を受賞したほか、受賞歴多数。
 
東京コンサーツ
http://www.tokyo-concerts.co.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]