東京バレエ団『ドン・キホーテ』

ボリショイ・バレエ&東京バレエ団のWキャストで魅せる


 スペイン、バルセロナの街で繰り広げられる陽気で明るい恋愛活劇。東京バレエ団の『ドン・キホーテ』は伝説の名バレエダンサー、ウラジーミル・ワシーリエフの演出・振付による版だが、今回はワシーリエフ本人が監修・指導に全面的に加わる。さらに同団で長年プリマとして活躍、『ドン・キ』初演時にも主役を務めた斎藤友佳理が後進の指導に当たるという万全の体制なので期待は高まる。キトリはアナスタシア・スタシュケヴィチと上野水香のダブルキャスト。スタシュケヴィチはボリショイ・バレエのソリストで今年3月にキトリに選ばれて成功を収めており、ワシーリエフの信頼も厚い期待の若手だ。上野はおきゃんな雰囲気がキトリにぴったり。バジル役はアメリカン・バレエ・シアターとボリショイ・バレエのプリンシパルとして活躍するデヴィッド・ホールバーグと、最近次々と主役に抜擢されて躍進著しい柄本弾が競う。パワー溢れるエネルギッシュな舞台を楽しみたい。
文:石村紀子
(ぶらあぼ + Danza inside 2014年9月号から)

9/19(金)〜9/21(日)ゆうぽうとホール 
問:NBSチケットセンター03-3791-8888 
http://www.nbs.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]