アーリドラーテ歌劇団 第3回公演《リゴレット》

ヴェルディの壮絶な人間ドラマに迫る

 新興のオペラ・カンパニー「アーリドラーテ歌劇団」はヴェルディ作品の上演を目的としたオペラ団体で、すでに2011年《ラ・トラヴィアータ》、2013年《仮面舞踏会》を上演している。団体名のアーリドラーテ(ali dorate)は「金の翼」の意味で、言うまでもなく《ナブッコ》の有名な合唱〈行けわが思い、金色の翼に乗って〉に由来するイタリア語だ。9月にはその第3回公演が行なわれる。演目はヴェルディ中期の傑作《リゴレット》(字幕付き原語上演)。
 公演監督(前回公演まではミュージカル・アドバイザー)を藤原歌劇団団員のテノール・小山陽二郎が務めているように、出演歌手は藤原歌劇団所属の実力派が中心。今回も、二枚目バリトン須藤慎吾(6日リゴレット)、日本を代表するプリマの一人・高橋薫子(6日ジルダ)、前述の小山陽二郎(6日マントヴァ)、若手テノール三浦義孝(7日マントヴァ)、小田桐貴樹(両日スパラフチーレ)、向野由美子(6日マッダレーナ)、丸尾有香(7日マッダレーナ)など、藤原勢が主要キャストの核となっている。また、7日のリゴレット役の横山弘泰やジルダ役の山﨑陶子など、さまざまな経歴の若手歌手たちも出演する。指揮は団体の主宰者で弁護士としても活動している山島達夫。管弦楽は在京アマチュアオケの奏者らを、コンサートマスターのプロ奏者・池澤卓朗がまとめる。スマートな演出で高評価の木澤譲の舞台づくりにも期待が募る。さまざまなバックグラウンドを持つメンバーが「ヴェルディ」の旗印の下に集結した公演だ。
文:宮本 明
(ぶらあぼ + Danza inside 2014年8月号から)

9/6(土)18:00、9/7(日)14:00 昭和音楽大学 テアトロ・ジーリオ・ショウワ
問:アーリドラーテ歌劇団 080-3247-5480 
http://www.ali-dorate.net

  • La Valseの最新記事もチェック

    • アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第6回
      on 2019/08/15 at 22:30

      text:香原斗志(オペラ評論家) 実は、あまり好きではなかった 舞台にいるだけで強烈に発せられるオーラにおいて、いまアンナ・ネトレプコ以上の歌手はいない。実演は当然だが、ライブビューイングであっても、彼女が現れた瞬間に空気が変わるのが感じられるから不思議である。役に深く没入している証しでもあるし、彼女が発する声のすみずみまで、役が乗り移っているように感じられる。そうしたあれこれの相乗効果が、オー [&#8230 […]