『睡眠 ーSleepー』

 パリ・オペラ座のエトワールとして15年以上活躍してきたオーレリー・デュポン。2015年には定年でのオペラ座引退が決まっているがこの夏、勅使川原三郎の日本での新作『睡眠 ーSleepー』に出演する。デュポンといえば、古典でもコンテンポラリー・ダンスでも、独特の輝きと存在感を放つことで知られるバレリーナ。3月にはパリ・オペラ座来日公演でノイマイヤー振付『椿姫』のヒロインを踊ったことは記憶に新しい。勅使川原作品には昨年、パリ・オペラ座からの委嘱作『闇は黒い馬を隠す』で初出演し、流動的・有機的で、空気の質感そのものを捕らえ直すような独特の動きに挑んだ。今回は勅使川原、佐東利穂子らとの共演により、さらに深化した表現に期待がかかる。一方の勅使川原は国内外での精力的な活動に加え、昨年、創作スペースKARAS APPARATUS(カラス アパラタス)という拠点も得て、益々の充実ぶりを見せている。成熟した表現者である彼らの新たな挑戦から目が離せそうにない。
文:高橋彩子
(ぶらあぼ + Danza inside 2014年7月号から)

8/14(木)〜8/17(日) 東京芸術劇場プレイハウス 
問:東京芸術劇場ボックスオフィス 0570-010-296 
http://www.geigeki.jp
8/21(木) 19:00 愛知県芸術劇場 
問:愛知芸術文化センター 052-972-0430
8/23(土) 18:00 兵庫県立芸術文化センター 
問:芸術文化センターチケットオフィス0798-68-0255

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]