よみうり大手町ホール 「アフタヌーン・コンサート」シリーズ

とびきり優雅な午後のひとときを

 この3月、読売新聞東京本社・新社屋ビル内に「よみうり大手町ホール」が誕生する。「読響スペシャル・コンサート」でこけら落としを飾ったあと、6月まではオープニングを記念して、能・狂言・落語などの伝統芸能から演劇、ジャズ公演と多彩なプログラムを集中的に展開。そして7月からは、平日14時から本格的なクラシックを楽しむ《アフタヌーン・コンサート》と題した5回のシリーズがスタートする。第1弾(7/9)には日本を代表するテノール、錦織健が登場。錦織は、昨年末に「ららら♪クラシック」(NHK・Eテレ)にゲスト出演してお茶の間の話題を集め、年明け恒例の「ニューイヤーオペラコンサート」では堂々たる歌唱で〈星はきらめき〉を披露してオペラ・ファンを魅了した。当日はピアノ伴奏で瀧廉太郎「荒城の月」をはじめ、〈誰も寝てはならぬ〉(トゥーランドット)や〈マリア〉(ウエストサイド物語)と幅広いジャンルにわたる名曲を歌い上げ、聴衆を日本経済の中心地の喧噪からとびきり優雅な午後のひとときに誘ってくれるはず。このシリーズはその後、透明感のある歌声で人気のソプラノ、森麻季(9月)、ピアノの新星、金子三勇士(11月)、若手注目株、小林沙羅のソプラノ・リサイタル(2015年2月)、日本のサクソフォン・シーンをリードするベテラン、須川展也(同3月)と年を跨いで展開。5回通しのお得なセット券も限定販売中につきお見逃しなく。
文:東端哲也
(ぶらあぼ2014年2月号から)

Vol.1 錦織健 7月9日(水) 
Vol.2 森麻季 9月10日(水)
Vol.3 金子三勇士 11月12日(水) 
Vol.4 小林沙羅 2015年2月4日(水)
Vol.5 須川展也 2015年3月11日(水) 
会場:よみうり大手町ホール
問:読売新聞文化事業部03-3216-8500

発売日などの詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。
http://yomi.otemachi-hall.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]