白井圭(ヴァイオリン)Kei Shirai, violin

1983年トリニダード・トバゴ共和国に生まれる。 3歳でヴァイオリンを庭野冬子氏の下で始める。その後、天江光雄氏を経て、6歳より徳永二男氏の薫陶を受ける。 

東京芸術大学付属高校、同大学を卒業。その間、大谷康子、田中千香士、堀正文の各氏に主にヴァイオリンを、ゴールドベルク山根美代子、山崎伸子、鈴木秀美、若松夏美の各氏には室内楽および、古楽奏法を師事。在学中は、「明治安田クオリティオブライフ文化財団」より奨学金を受ける。 

2007年「文化庁新進芸術家海外研修制度」の奨学生として留学。ウィーン国立音楽演劇大学室内楽科にてヨハネス・マイスル氏に師事する他、ヴェスナ・スタンコービッチ氏の指導も受ける。またECMA(ヨーロッパ室内楽アカデミー) の受講メンバーとして、著名音楽家たちのマスタークラスを受講、特にアヴォ・クュムジャン、ハット・バイエルレ諸氏の影響を受ける。 

続きを読む

これまでに全日本学生音楽コンクール中学校の部第1位(1997)、日本音楽コンクール第2位及び増沢賞(2001)、ARDミュンヘン国際コンクール第2位及び聴衆賞(2009)、ハイドン国際室内楽コンクール第1位及び聴衆賞(2015)を始めとしたコンクールで受賞歴をもち、ソリストとしてチェコ・フィルハーモニー管弦楽団、ミュンヘン室内管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神戸市室内合奏団などと共演。ウィーン楽友協会や、ウィグモアホール(ロンドン)、コンツェルトハウス(ベルリン)等で演奏する。2011年9月より半年間、ウィーン国立歌劇場管弦楽団及びウィーン・フィルの契約団員として著名な指揮者の下で演奏した他、チェコ・フィルや、ドイツの放送響のゲストコンサートマスターも務める。2018年まで約5年間、神戸市室内合奏団(旧称)のコンサートマスターとして活躍。また、岐阜県中津川市加子母の芝居小屋《明治座》で毎年行われている「田中千香士音楽祭」では、恩師の後を受けて、2010年より指揮者を務める。また音楽監督としても音楽祭のさらなる発展に貢献している。 

現在も拠点をウィーンに置きながら、セイジ・オザワ松本フェスティバル、木曽福島音楽祭など数多く参加している。Stefan Zweig Trio、ルートヴィヒ・チェンバー・プレイヤーズ・シュトゥットガルト、トリオ・アコード各メンバー。田中千香士レボリューション・アンサンブル音楽監督。

Fontecより「シューマン:ヴァイオリンとピアノのための作品集(ピアノ=伊藤恵)」、ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲(トリオ・アコード)」をリリース。現在、NHK交響楽団ゲスト・コンサートマスター。

www.stefanzweigtrio.com
www.ludwigchamberplayers.com

出演予定のコンサート

おすすめ記事

ぶらあぼONLINE アーティスト名鑑は、所属事務所またはご本人の了承を得て掲載しています。無断転載は固くお断りいたします。商用利用につきましては所属事務所等へご相談ください。
コンサート情報は、ぶらあぼONLINE編集部へ寄せられた情報に基づいて掲載しています。

クラシック音楽家アーティスト名鑑