Tag Archive for 曽我大介

【特別インタビュー】曽我大介(指揮)

アリアバトルで栄冠を勝ち取るのは誰? 決めるのはあなたです!  首都圏のオーケストラが勢揃いして個性豊かな競演を繰り広げるミューザ川崎の「フェスタサマーミューザ」。幅広い層のファンに向けたファミリー・コンサートなど、毎年工夫を凝らしたプログラムで楽しませてくれる東京ニューシティ管弦楽団が、今年は驚きの新企画を引っさげて…

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2018

夏休みはオーケストラのサウンド・シャワーをたっぷり浴びよう!  再開発が進むJR川崎駅とその周辺だが、クラシック音楽ファンにとってはミューザ川崎シンフォニーホールの存在がマスト。首都圏のオーケストラが一堂に会する真夏の音楽祭として、人気・注目度ともに定着している「フェスタサマーミューザ」が、今年もまた7月から8月にかけ…

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2018 記者発表会

 この夏、7月21日から8月12日まで開催される「フェスタサマーミューザKAWASAKI 2018」のラインナップ記者発表会が、3月28日に行われた。同音楽祭は、ミューザ川崎シンフォニーホールとテアトロ・ジーリオ・ショウワをメイン会場として毎年開催されており、今年で14回目を迎える。会見では、川崎市長の福田紀彦、ミュー…

曽我大介(指揮) ルーマニア・ブラショフ・フィルハーモニー交響楽団

四半世紀ぶりにルーマニアの名門楽団が再来日!  約140年という長い歴史と独特の豊饒なサウンドを併せ持ち、リヒャルト・シュトラウスら数々の名匠が指揮台に立ってきた東欧の名門オーケストラ、ルーマニア・ブラショフ・フィルハーモニー交響楽団が来日。彼らとゆかりが深い曽我大介のタクトのもと、ベートーヴェンやモーツァルト、ドヴォ…

国連難民援助活動支援チャリティーコンサート 5人の指揮者 × 5人のピアニスト × 4人の声楽家 × ベートーヴェン

ベートーヴェンの「平和のメッセージ」を壮大に謳う  内容、規模、そして理念。どれも実に壮大な公演だ。世界各地の難民活動を支援すべく、指揮者5名、ピアニスト5名、声楽家4名、そして1つのオーケストラが年の瀬に集う。プログラムはオール・ベートーヴェン。平和や人類愛を歌うのに、これ以上ふさわしい作曲家はいないだろう。しかも今…

曽我大介(指揮)

アニバーサリーには“2大B”がふさわしい 「オーケストラとして、サウンドが充実してきたと思います」  創立25周年を迎えた東京ニューシティ管弦楽団の正指揮者・曽我大介は言う。2006年から首席指揮者や首席客演も務めていたので、すでに両者の関係は深い。節目の今シーズンには、ブラームスの交響曲をメインにベートーヴェンの序曲…

日本モーツァルト協会 創立60周年記念 モーツァルト交響曲全45曲演奏会

天才の足跡を辿る、空前絶後の大ツアー  これは前代未聞の大企画だ。モーツァルトの全交響曲が、2日間6公演で作曲年代順に演奏される。世界的に見ても極めて稀な、演奏史上に輝く画期的イベントと言っても過言ではない。  周知の通り彼の交響曲は41曲にあらず。今回は、真作確定の39曲に、真偽不明曲の中から真作の可能性が高い6曲を…

フレッシュ名曲コンサート 青島広志と愉しむチャイコフスキー

楽しいトークと名曲のコラボレーション  東武スカイツリーラインの西新井駅から徒歩3分という立地のギャラクシティ西新井文化ホール。様々な音楽イベントが開かれる同ホールでは、オーケストラの名曲をより身近に本格的な演奏で楽しんでもらおうと、11月に『フレッシュ名曲コンサート 青島広志と愉しむチャイコフスキー』が開催される。プ…

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2014

10回目は10のプロ・オーケストラで! エキサイティングな2週間  ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンと同様、2005年にその歴史がスタートし、今年で10回目を迎える真夏の音楽祭『フェスタサマーミューザ』。サイモン・ラトルやマリス・ヤンソンスなどにも愛され、首都圏の重要な音楽ホールとなったミューザ川崎シンフォニーホール…