Tag Archive for 大田区民ホール・アプリコ

大田区民ホール・アプリコ開館20周年記念事業 都響 × アプリコ 小林研一郎 哀愁のドヴォルザーク

ホールを満たすマエストロの熱きサウンド  蒲田駅(JR・東急)から徒歩数分という好立地にある「大田区民ホール・アプリコ」が、今年開館20周年を迎えた。大・小ホールに展示室やスタジオも併設し、大田区民にとどまらず多くの利用者がいる文化施設である。なかでも大ホールは、聴衆にも演奏者にも評価の高い豊かな音響をもち、名演奏家を…

アプリコ ウィークデー・コンサート Vol.10 田中靖人(サクソフォン) & 白石光隆(ピアノ)

クリスマスにふさわしい温かな華やぎ  いい音楽を聴いてから美味しいランチに舌鼓を打ったり、午後のひとときを優雅に過ごしたり…。平日の昼間を「有効かつアクティブに活用」してもらいたい、そんな願いから生まれたのが、大田区民ホール・アプリコの注目企画『アプリコ ウィークデー・コンサート』だ。12月には、サクソフォンの田中靖人…

都響 × アプリコ 「田園」 & 「飛天遊」

西洋の名曲と和の響きの出会い  「世界の音楽とつながろう!」と題して、様々なジャンルの作品を多角的に紹介している大田区民ホール・アプリコ。その一環で、東京都交響楽団と取り組むのは、西洋の名曲と和の響きが織りなす圧巻のステージだ。  今回は、緻密な音楽創りで知られるマエストロ梅田俊明が指揮。まずは、西洋音楽史の中でも、燦…

都響 × アプリコ 小泉和裕(指揮)東京都交響楽団 with 南紫音(ヴァイオリン)

名コンビで聴かせるドイツ音楽の神髄  2012年に大田区民ホール・アプリコで公演を行い、チャイコフスキーの「悲愴」を中心としたプログラムが大好評を博した小泉和裕&都響。あれから約2年を経て、名コンビがふたたびアプリコの舞台に帰ってくる。今回のメインは、ドイツ音楽の金字塔のひとつとして名高いブラームスの交響曲第1番。強い…