Tag Archive for ナタナエル・グーアン

第28回青山音楽賞の受賞者が決定

 第28回青山音楽賞の受賞者が決定した。同賞は、公益財団法人青山音楽財団が1991年に創設した顕彰事業で、京都の青山音楽記念館 バロックザールで開催された公演の中から選考し、個人または団体に授与される。  25歳以下(演奏会当日)が対象の新人賞には、松岡井菜(せいな)(ヴァイオリン)と小林壱成(ヴァイオリン)、26歳以…

第36回 横浜市招待国際ピアノ演奏会

4人の若き精鋭たちが横浜に集結  横浜市招待国際ピアノ演奏会は、横浜の秋の音楽シーンには欠かせない存在だ。ピアニストの山岡優子が提唱したこの演奏会は、1982年に第1回を開催。97年以降は横浜みなとみらいホールで行われている。国際コンクールの入賞者から選りすぐられた気鋭のピアニストが集い、彩り豊かなプログラムを披露する…

横浜みなとみらいホールが2017年度の主催公演を発表

 横浜みなとみらいホールが2月22日にプレス懇談会を開き、2017年度の主催公演を発表した。  同ホール館長の池辺晋一郎は「館長に就任して今年で10年目。都心とは違った、素晴らしいロケーションで仕事ができるのを、いつも幸せだと感じている。就任当初に提案した、小ホールでの身近に楽しめるオペラや現代音楽のシリーズ、パイプオ…

マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ) パルティトゥーラ・プロジェクト in 彩の国〜若き俊英グーアンを迎えて

研ぎ澄まされた感受性を求めて  ピアニストのマリア・ジョアン・ピリスが、その活動の主軸に「教育」を据えるようになって久しい。音楽芸術のあり方を人の生活や社会との対話、他者との分かち合いを基軸に捉え直し、競争社会の理念とは別のアプローチで若き音楽家たちの育成に力を注ぐ。「パルティトゥーラ・プロジェクト」は、ピリスが201…

パルティトゥーラ・プロジェクト ベートーヴェン ピアノ協奏曲全曲演奏会

競争ではなく共存を目指す新たな潮流  1つの楽曲を様々な演奏で紹介する、意義深い企画を推進してきたのがすみだトリフォニーホールだ。「ゴルトベルク変奏曲」の成果も光るが、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全5曲にも力を注ぎ、これまでにゲルバー、ダン・タイ・ソンなど複数の奏者が名演を披露した。そしてこの10月にも全5曲の公演が開…