Tag Archive for チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

文京シビックホール 20周年記念公演ラインアップ

記念年を寿ぐファン垂涎の充実のコンテンツ  2000年春にオープンした文京シビックホールは、大小2つのホールを有し、音楽から、バレエ、歌舞伎、伝統芸能、演劇、落語まで広く区民に親しまれているが、とりわけ音楽は、その独自の企画から地域住民以外のファンにも注目されている。そして、この秋から来年秋にかけて、20周年記念公演を…

第37回 名古屋クラシックフェスティバル

今年も開催、ビッグネームが勢揃いした超豪華なフェス  中京地区のクラシック音楽ファン待望の「名古屋クラシックフェスティバル」が今年も開催される。期間は9月27日から2020年2月23日にかけて。計7公演にわたり、トップレベルのアーティストたちが続々と愛知県芸術劇場を訪れる。主催する中京テレビが開局50年を迎え、今回は例…

セミヨン・ビシュコフ(指揮)

チェコ・フィルは国と国民の“子ども”であり、 独自のアイデンティティーを有しています  パリ管弦楽団やドレスデン国立歌劇場などのシェフを歴任してきた、ロシア出身の名匠セミヨン・ビシュコフが2018年10月、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督・首席指揮者に就任。この注目のコンビでの初来日ツアーが、今秋に実現する。…

NHK音楽祭2019 〜名曲と出会う場所〜

“オーケストラ・シティ”=東京を象徴する3日間  東京はあらゆる情報がリアルタイムで入り、未来のイメージが発信されていく都市。秋のシーズンともなれば世界中の名門楽団が連日連夜ゴージャスな舞台を繰り広げる。一方、国内勢もレベルを上げている。  この世界都市のクラシック音楽動向を効率よく俯瞰したければ、NHK音楽祭がお勧め…

2019年6月発売のおすすめチケット情報

■6/3(月)発売 NHK音楽祭2019 ◎NHK交響楽団 2019.10/10(木)19:00 NHKホール トン・コープマン(指揮)NHK交響楽団 イツァベル・アリアス・フェルナンデス(ソプラノ) ヴィープケ・レームクール(アルト) パトリック・グラール(テノール) クラウス・メルテンス(バリトン) 新国立劇場合唱…

横浜みなとみらいホールが2019年度主催事業を発表

 今年で開館21年目となる横浜みなとみらいホールが、2月21日に行われたプレス懇親会の中で、同ホールの2019年度主催事業を発表した。大・小ホールでの主要な企画を紹介する。 〈大ホール〉  親子で音楽を存分に楽しむ趣向の「こどもの日コンサート 2019」(5/5)。今年はミュージカル・メドレーを取りあげる。池辺晋一郎・…

第30回 北九州国際音楽祭 2017

 1988年に始まった「北九州国際音楽祭」が、今年遂に30回目を迎える。同音楽祭は、国内外の一流アーティストの招聘、オリジナル企画、若年者層向けの事業など、高品質かつバラエティ豊かな内容が魅力。記念イヤーの今回は、いつにも増して食指をそそられる。  海外からの目玉は、「ペトル・アルトリヒテル(指揮)チェコ・フィルハーモ…

アフタヌーン・コンサート2017/2018 シリーズ 若き才能のきらめきVol.1 ヨゼフ・シュパチェク(ヴァイオリン)

 ほのかな情熱と心優しき旋律。そこから湧き上がって来る、抑えがたいほどの郷愁。私たち日本人が、心の底で聴きたいと願っているサウンドに、きっと出逢えるだろう。“弦の国・チェコ”の系譜を受け継ぎ、史上最年少で名門チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任した俊英ヴァイオリニスト、ヨゼフ・シュパチェク。往年の…

NHK音楽祭 2015

オーケストラ・ファン垂涎の魅惑の祭典  芸術の秋、東京には世界各地からメジャー・オーケストラが続々とやってくる。迎えうつ日本のオーケストラ界もすこぶる熱い。音楽ファンにとってこんなに恵まれた都市は、世界を見渡してもそうはない。だが、ぎっしりと詰まったコンサートスケジュールにたじろいでしまう人も少なくないはずだ。そういう…

第33回 名古屋クラシックフェスティバル

世界の一流アーティストが名古屋に集結!  毎年豪華なラインナップが話題の『名古屋クラシックフェスティバル』が今年も開催される。キャッチコピーは「限りなき“本物”への扉」。全9公演にわたって、世界トップレベルのアーティストたちが名古屋の秋を華やかに彩る。  開幕を告げるのはブルガリア国立歌劇場によるボロディン作曲の《イー…