第37回 名古屋クラシックフェスティバル

今年も開催、ビッグネームが勢揃いした超豪華なフェス

 中京地区のクラシック音楽ファン待望の「名古屋クラシックフェスティバル」が今年も開催される。期間は9月27日から2020年2月23日にかけて。計7公演にわたり、トップレベルのアーティストたちが続々と愛知県芸術劇場を訪れる。主催する中京テレビが開局50年を迎え、今回は例年になく豪華なラインナップが実現した。ウィーン・フィル、マルタ・アルゲリッチ、ラン・ラン、アンネ=ゾフィー・ムターなどビッグ・ネームがずらり。オーケストラからオペラまで、トップレベルのアーティストたちによる多彩な音楽に出会うことができる。

フェスティバルのオープニングにはアルゲリッチが登場!

 まず、開幕となる9月27日は、マルタ・アルゲリッチと酒井茜のピアノ・デュオが登場する。ピアノの女王とも呼ばれるアルゲリッチだが、名古屋で公演を開くのはずいぶんと久しぶりではないだろうか。デュオを組む酒井はルガーノ音楽祭等でたびたびアルゲリッチと共演を重ねる間柄。そして、このデュオのためのプログラムとして、ストラヴィンスキーの「春の祭典」(4手連弾)ほど魅力的な曲目もないだろう。スリリングな一期一会の名演の予感が漂う。

 10月13日はウィリアム・クリスティ指揮レザール・フロリサンが、ヘンデルのオラトリオ「メサイア」をとりあげる。結成40周年の節目の年を迎えたレザール・フロリサンは、ピリオド・アンサンブルの先駆的存在。「メサイア」を作曲者最高傑作のひとつと語る巨匠クリスティが、円熟のヘンデルを聴かせる。おなじみの「ハレルヤ」コーラスが、かつてない純度の高さで響きわたることだろう。

 10月19日はセミヨン・ビシュコフ指揮チェコ・フィルが得意のレパートリーを披露する。スメタナの「モルダウ」はこのオーケストラの十八番。チェコ・フィルが誇る伝統の弦が聴きもの。そしてチャイコフスキーの交響曲第5番は、「物心ついたころからずっとチャイコフスキーが好きだった」というビシュコフにとって、思い入れの強い作品だ。

 10月25日はトリエステ・ヴェルディ歌劇場が来日し、ヴェルディのオペラ《椿姫》を上演する。ヴィオレッタを歌うのは名花デジレ・ランカトーレ。イタリア北東部の港湾都市トリエステの同劇場は1801年に創設され、ヴェルディの《海賊》と《スティッフェーリオ》を初演した歴史を誇る。ヴェルディゆかりの劇場だけに、《椿姫》は自家薬籠中のレパートリーだろう。

ウィーン・フィル、コンセルトヘボウ、そしてムターも

 11月7日はクリスティアン・ティーレマン指揮ウィーン・フィルが招かれる。曲はブルックナーの交響曲第8番。重厚でスケールの大きなブルックナーを聴きたいのであれば、ティーレマンは最高の指揮者にちがいない。ウィール・フィルの豊麗なサウンドとも相性はぴったり。

 11月20日はパーヴォ・ヤルヴィがロイヤル・コンセルトヘボウ管を率いて登場する。N響首席指揮者を務めるパーヴォと、世界最高峰の一角であるコンセルトヘボウ管との共演は楽しみ。切れ味鋭く、かつ情感豊かなブラームスの交響曲第4番を堪能できるのではないだろうか。ベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番ではスーパー・スター、ラン・ランがソリストを務める。

 20年2月23日はアンネ=ゾフィー・ムターがベートーヴェン生誕250周年を、ヴァイオリン・ソナタの傑作で祝う。「春」や「クロイツェル」で力強くフェスティバルの掉尾を飾る。
文:飯尾洋一
(ぶらあぼ2019年7月号より)

2019.9/27(金)〜2020.2/23(日・祝)
愛知県芸術劇場コンサートホール、大ホール(10/25公演のみ)
問:中京テレビ事業052-588-4477 
https://cte.jp/37cf/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]