Tag Archive for ジャズ・ヴォーカル

小林 桂(ジャズ・ヴォーカル) メジャーデビュー20周年記念コンサート

天才ジャズ・ヴォーカリストの現在を聴く  1999年、弱冠20歳でリリースしたアルバム『ソー・ナイス』が大きな話題となり、以後破竹の勢いで国内のジャズ賞を総なめにしながら大活躍を続け、今や我が国を代表する男性ジャズ・ヴォーカリストとなった小林桂。その小林が、メジャーデビュー20周年記念コンサートをおこなう。  コンサー…

第475回 日経ミューズサロン 小林 桂(ジャズ・ヴォーカル) 音楽生活25周年記念コンサート

アニヴァーサリーに聴く珠玉のジャズ・スタンダード  はじめて小林桂の歌をきいたのは、彼が20歳の時だった。卓越したテクニック。フレッシュなのに深みを感じさせる表現力。その歌唱は、とてもついこの間まで少年だった人のそれではなく我々をおおいに驚かせたのだが、それもそのはず、彼はその時すでに5年ものキャリアを重ねていたのだっ…

第451回 日経ミューズサロン 小林 桂(ジャズ・ヴォーカル) ザ・ベスト・オブ・スタンダードジャズ〜ニューアルバム『ザ・スタンダード』発売記念〜

 もちろん野心的なオリジナル曲や超絶技巧によるヴォカリーズも素晴らしい。しかしなんといってもジャズ・ヴォーカルの醍醐味は、それでスタンダード曲を聴く、ということにあるのではないか。その意味において小林桂は、まさにジャズ・ヴォーカルの正道を行く歌手だといえよう。10代でのCDデビュー後、25歳までに100曲を超えるスタン…

第439回 日経ミューズサロン 小林桂(ジャズ・ヴォーカル) ザ・ベスト・オブ・K 2015

至福のスタンダードを愉しむ夕べ  大手町の日経ホールで定期的に開催されている「日経ミューズサロン」の8月公演には、1999年にアルバム『ソー・ナイス』でメジャー・デビュー(当時20歳!)以来、日本のジャズ・ヴォーカル・シーンを牽引し続ける小林桂が登場。幼い頃からミュージカル映画に親しみ、自他共に認める“スタンダード・ナ…