アリス=紗良・オット (ピアノ)

作曲家の精神への共感が滲み出る

(C)Esther Haase/DG

(C)Esther Haase/DG

 名だたるオーケストラとの共演や、フランチェスコ・トリスターノをはじめとする気鋭の演奏家とのクリエイティブな演奏活動を重ね、世界の聴衆を虜にするアリス=紗良・オット。彼女のピアノの大きな魅力は、その瞬間に音楽が湧き出すような自由さにあるだろう。大海原を泳ぐような伸びやかさと躍動感。華奢な肢体から繰り出される力強く情熱的な音楽は、視覚的に受けるギャップとともに強烈なインパクトを残す。
 今回のリサイタルで用意されたプログラムは、バロックからロマン派に至るピアノレパートリーの人気作品で、彼女のピアニスティックな表現力をすみずみまで確かめられる。
 まず楽しみなのは、ベートーヴェンの「テンペスト」。卓越したリズム感覚を活かし、作品の新たな表情を見せるベートーヴェン。作曲家の自由な精神への共感が滲み出るような演奏に期待したい。そしてバッハ「幻想曲とフーガイ短調BWV.904」から、バッハ=ブゾーニ「シャコンヌ」へと続け、凛々しく潔い打鍵でまた一味違った音色を届ける。
 後半冒頭にリスト「愛の夢」でやわらかな情感を示した後は、「パガニーニ大練習曲」を演奏する。彼女はこれまでにもたびたびリストの超絶技巧作品を取り上げているが、その演奏はいつでも、じっくりと作品の内面に向き合う、音楽への愛情に満ちたもの。リストが、当代随一の女性ピアニスト、シューマンと結婚する前のクララ・ヴィークに献呈したこの作品を、アリスはどのような表現で聴かせてくれるのだろうか。
文:高坂はる香
(ぶらあぼ2014年5月号から)

★6月10日(火)・杉並公会堂
問:杉並公会堂03-5347-4450 
http://www.suginamikoukaidou.com

他公演 
5/31(土)・栃木県総合文化センター 問:028-643-1013
6/1(日)・宮城/東北大学百周年記念会館川内萩ホール 問:河北チケットセンター022-211-1189 Lコード:25811
6/3(火)・北海道/七飯町文化センターパイオニアホール 問:0138-66-2066
6/8(日)・松江市総合文化センタープラバホール 問:0852-27-6000
6/12(木)・川口リリアホール 問:048-254-9900
6/14(土)・富士市文化会館ロゼシアター 問:0545-60-2500 Lコード:46940 
6/15(日)・岐阜/サラマンカホール 問:058-277-1110 Lコード:45680