新日本フィルが世界初のマルチアングル配信をスタート

 新日本フィルハーモニー交響楽団は、文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」の支援を受け、オーケストラとして世界初となるマルチアングル配信を行うことを発表した。

 ホール内に7台の通常撮影カメラに加え29台のiPhoneカメラを設置し、30アングル以上の多視点から同楽団のコンサートを撮影。マルチアングル・自由視点映像の配信・再生を実現するシステム「SwipeVideo」を利用し、事前収録された映像を、2021年1月3日に配信サイト「Thumva」を通じて配信する。音声も352.8KHz/24bitと高音質で、視聴者は、さまざまなアングルに視点を切り替えながら映像を楽しむことができる。オーケストラ音楽の新しい楽しみ方として、5G回線の普及に伴う今後のさらなる技術革新の展開が注目される。

新日本フィルハーモニー交響楽団
https://www.njp.or.jp