TOKYO FM 夢の第九コンサート2013

西本智実とつくる忘れられない思い出TOKYO FM

Ⓒ塩澤秀樹

Ⓒ塩澤秀樹

 「一度は『第九』のコンサートに、コーラスのメンバーとして参加してみたい。でも、仕事が忙しくて、早い時期から継続的な練習に参加するのは、ちょっと無理…」。そんな音楽好きの願いを叶えてきた、恒例の《TOKYO FM 夢の第九コンサート》。今年も西本智実が指揮、彼女が芸術監督兼首席指揮者を務めるイルミナートフィルハーモニーオーケストラ、大山亜紀子(ソプラノ)、山下牧子(アルト)、小原啓楼(テノール)、成田博之(バリトン)という一流ソリスト陣との共演で、夢のステージを創り上げる。
 参加方法も、経験やスタイルに合わせて選べる。「正装シート」の合唱はソプラノ、アルト、テノール、バスの各パート別に募集。これらは、男性がタキシードまたは黒スーツ、女性が黒ロングスカート着用のほか、当日午後3時半からのリハーサル出席が必須となる。また、「衣装を着たり、大げさなのはまだちょっと…」という初心者や、別パートの友人たちと共に歌いたい人たちのために、普段着で参加できる「カジュアルシート」も用意する。これらパート別とカジュアルシートを合わせた募集人数は、計4000席。さらに、「聴くだけで満足」という人たちのために、演奏会の「観賞チケット」(1000席)も販売する。当日に向けては、指揮者で声楽家の辻博之らの指導による、任意参加の合唱練習会も開催。西本のメッセージ入りのオリジナル楽譜も販売する。
 大切な友人と、家族と、感動を共有するひととき。きっと、忘れられない思い出が作れることだろう。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2013年12月号から)

★12月13日(金)・東京国際フォーラムホールA Lコード 33380
問 チケットぴあ0570-02-9999
http://www.tfm.co.jp/daiku