【SACD】ドヴォルザーク:交響曲第8番/小林研一郎&ハンガリー放送響

 先月80歳を迎えた小林研一郎が昨秋指揮した記念演奏会の記録。大地に根を張ったようなどっしりとしたテンポ、硬質なサウンドに、美しいソロや大見得を切るフレーズが色を添える。随所に炸裂するコバケン節のみならず、うんうんといううなり声、熱狂的拍手までが捉えられ、臨場感満載だ。東欧のオケでドヴォルザークを指揮して自分色に染めてしまうあたりは見事という他ないが、ハンガリー放送響は1974年に小林が同国のコンクールに優勝した時から、継続的に指揮してきたゆかりの深い団体と聞けば納得。アンコール(ハンガリー舞曲第5番)の農耕民族を思わせるリズム感はやはり唯一無二だ。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2020年6月号より)

【information】
SACD『ドヴォルザーク:交響曲第8番/小林研一郎&ハンガリー放送響』

ドヴォルザーク:交響曲第8番
ブラームス:ハンガリー舞曲 第5番

小林研一郎(指揮)
ハンガリー放送交響楽団

収録:2019年9月、サントリーホール&愛知県芸術劇場コンサートホール(ライヴ)
オクタヴィア・レコード
OVCL-00720 ¥3200+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]