ジョナサン・ノット(指揮) 東京交響楽団

新しい時代のベートーヴェンを近現代の力作とともに


 今年はベートーヴェン・アニヴァーサリー。その作品をどう解釈するかは演奏家にとっての試金石だ。ノット&東響はポイントごとに交響曲を取り上げてきたが、この「第2番」をもって全曲踏破となる。

 昨年末に聴いた「第九」はとても印象的だった。強力な東響コーラスに対し弦の規模をやや絞り、小気味よいテンポでシャープな音像を実現。終楽章ではエネルギーを一気に爆発させ、現代人の感覚に訴えかけるドラマに仕立てていた。
 こうしたアプローチは「第2番」にも生かされるだろうが、ノットの場合、プログラムのカップリングにも深い洞察が含まれている。この曲はベートーヴェンの難聴が進んだ時期に書かれているが、プライベートでの悩みが信じられないほど、活気にあふれたスポーティーな作品だ。今回冒頭に置かれるのはストラヴィンスキーの新古典主義時代のバレエ音楽「カルタ遊び」。両者が共通して持つ身体性に着目しているのではないか。

 間に挟まれる酒井健治のヴァイオリン協奏曲「G線上で」は、第23回芥川作曲賞の受賞を受けて書かれた委嘱作だ。ノットは酒井のキャリアの初期から作品を委嘱するなど、その才能を高く買ってきた。独奏は2016年のモントリオール国際音楽コンクールで1位を獲得したライジングスター、辻彩奈。昨年のノット&スイス・ロマンド管の来日公演で、若さに似合わぬ落ち着きと風格を漂わせる名演を聴かせた。
 次世代を担う日本人を起用した現代曲をパズルの一枚として、ストラヴィンスキーとベートーヴェンの間に挟むと、さて、どんな完成図が出来上がるだろう?
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2020年3月号より)

*出演を予定しておりました音楽監督ジョナサン・ノットは、新型コロナウイルス感染症対策の影響により、来日ができなくなりました。 なお本公演は、出演者の変更、引き続き状況を注視しながら調整を進めております。(4/1主催者発表)
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

東京オペラシティシリーズ 第114回
2020.4/18(土)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:TOKYO SYMPHONY チケットセンター044-520-1511 
http://tokyosymphony.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • METデビュー! 藤村実穂子(メゾソプラノ)インタビュー
      on 2020/04/08 at 09:07

      原点見つめ直す《さまよえるオランダ人》にマリー役で出演、 日本人初のMETライブビューイング登場、そして今伝えたい大切なメッセージ 取材・文:池上輝彦(音楽ジャーナリスト) 日本が生んだ世界屈指のメゾソプラノ・藤村実穂子が米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)に満を持してデビューを果たした。3月10日上演のワーグナーの歌劇《さまよえるオランダ人》マリー役を歌い演じた。独バイロイト音楽祭やウ [&#8230 […]